キャッシングの審査が甘いサービスはある?基準や通過のコツを解説

「審査の甘いキャッシングサービスを探している」

「お金を借りたいけど、審査に通るか不安」

このような悩みを持つ方も、多いのではないでしょうか。

本記事は、「審査の甘い借入先は実際にあるのか」という観点から、キャッシングの審査基準について解説します。

後半では、審査に通るコツやおすすめのキャッシングサービスについて紹介しているので、参考にしてください。

キャッシングの審査が甘いサービスはある?

困った時にお金を借りられる、便利なキャッシングサービス。利用するには審査を通過しなければなりません。「審査が甘い」と謳っている金融機関もありますが、実際はどのように判断されているのでしょうか。

審査が甘いサービスはない

結論から言うと、審査の甘いキャッシングサービスは存在しません。審査が甘い、もしくは審査を受けずに借りられるサービスは、違法にあたります。

その理由は、貸金業法においてお金を貸す際は審査を実施し、利用者に返済能力があるか判断しなければならないと定められているからです。

「審査が甘いので、誰でも借りられます」などアピールしている金融機関は、法律で定められたものより高い金利を設定している、もしくは貸金業として登録していない可能性が高いといえます。

このような業者は、「闇金」にあたるので、利用しないように気をつけましょう。

参考:与信審査について(貸金業者等)

審査難易度は、サービスによって異なる

審査が甘いキャッシングサービスはありませんが、審査基準や難易度は各金融機関によって異なります。キャッシングサービスの種類は、銀行や消費者金融のカードローンや、クレジットカードのキャッシング機能などさまざまです。

カードローンの場合、消費者金融系よりも銀行系の方が審査難易度は高くなります。たとえば消費者金融では「安定した収入がある」という申込条件が多いなか、銀行では「安定した収入かつ、正社員であること」など雇用形態まで制限があるケースも。

このように審査難易度が高い理由としては、金利が低い傾向にあること、信頼度の高い金融機関であることが考えられます。

キャッシングの審査基準

キャッシングサービスの審査基準を明確に示しているケースはあまり多くありません。しかしサービスの申込対象者を確認すれば、難易度や基準はある程度把握できます。

審査の基準となるのは、主に以下の3つが挙げられます。

【キャッシングの審査基準】

  • 年齢
  • 収入・雇用形態
  • 信用情報

年齢

キャッシングサービスの利用には、必ず年齢制限が設けられています。未成年だけでなく、定年を迎えた高齢者も利用できないケースがほとんどです。

年齢条件に当てはまらない場合は、申し込み自体ができなくなっている、もしくは他の条件をクリアしていても審査に通過しません。

収入・雇用形態

キャッシングの審査において、最も重視されているのは「返済能力」です。金融機関は必ず返済してくれる人にしか、利用してほしくないからです。返済能力を判断する一つの基準として、収入や雇用形態が該当します。

消費者金融のように、比較的審査難易度が低い場合は、一般的に「安定した収入」が条件として提示されています。「安定した収入」とは、いわゆる給料のことなので、会社員であればこの条件で審査に落ちるケースは少ないと言えるでしょう。

またパートやアルバイトでも一定のお給料を受け取っていれば、キャッシングを利用できる可能性は高くなります。一方で個人事業主やフリーランスなど、一般的に不安定な職業とされている方々は、審査に通りにくいと考えられます。

信用情報

キャッシングの審査では、収入以外にも信用情報が影響します。信用情報とは、ローンやクレジットカードの申し込みに関する情報のことで、信用情報機関にはこれまでの借入・取引履歴が登録されています。

過去に大きなトラブルがなかったか、現在の借入残高が高すぎないかといった項目が審査基準の対象です。信用情報はCICやJICCに開示請求をすることで、自分でも確認できます。

参考:CIC

   JICC

キャッシングの審査に落ちる人の特徴

上記で紹介したキャッシングの基準をもとにして、ここでは審査に落ちる人の特徴について解説します。

【キャッシングの審査に落ちる人の特徴】

  • 返済能力が乏しいと判断された
  • 多重申込をしている
  • ブラックリストに載っている
  • これまでクレジットカードやローンを利用したことがない
  • 虚偽の申告をしている

返済能力が乏しいと判断された

年収や雇用形態から、安定した収入がなく返済能力が乏しいと判断された場合、キャッシングの審査には通りにくくなります。

また審査難易度が少し高めの金融機関だと、勤続年数が短すぎてキャッシングを受けられないケースも。「仕事が長続きしていない=また仕事を辞めてしまう=返済能力がない」と判断されるからです。

多重申込をしている

同じ時期に複数の金融機関へキャッシングの申し込みをすると、審査に通りにくくなるでしょう。このような状態を、「申し込みブラック」と呼びます。申し込み履歴は信用情報に記録され、これを金融機関は確認して、審査の材料としています。

同じタイミングで複数の申し込みがされていると、「お金に困っている」と思われて審査に落ちる原因になるでしょう。

ブラックリストに載っている

ブラックリストに載っている場合、キャッシングの審査に落ちてしまいます。「ブラックリストに載る」とは、クレジットカードの返済を滞納していたり自己破産をしていたりする「異動」の記録が残っている状態のことです。

ブラックリストに載ると、返済能力にかなり問題があるとされて審査は不利に働きます。

これまでクレジットカードやローンを利用したことがない

過去にクレジットカードやローンを利用したことがない場合にも、審査で不利になるおそれがあります。収入面が基準ギリギリだと、過去の履歴を見て判断されることがあるからです。

20代前半では特に問題ありませんが、ある程度年齢を重ねた状態だと、審査に影響しやすいでしょう。その理由としては、「スーパーホワイト」を疑われることにあります。スーパーホワイトとは、ブラックリストに載る「異動情報」が消えるタイミングで他の情報も削除され、記録が何も残っていない状態のことです。

このように信用情報がまっさらなスーパーホワイトだと、「過去にブラックリストに載っていたのではないか」と判断される可能性があります。

虚偽の申告をしている

キャッシングを利用したいからといって嘘の申告をすると、すぐにバレてしまいます。申告内容は、信用情報と照らし合わせて確認されるからです。また勤務先に在籍確認の電話が入り、実際に働いているのか確かめられるケースもあります。

虚偽の申告をすることによって、「お金に困っている」という印象を与えてしまう結果に。キャッシングの審査に落ちる可能性は高くなってしまいます。

キャッシングの審査に通過するためのコツ

キャッシングの審査に通過するコツとして、今回は6つの方法をご紹介します。

【キャッシングの審査に通過するコツ】

  • 安定した収入を得る
  • ローン残高を少しでも減らす
  • 嘘の申告をしない
  • 年収に見合う借入額を希望する
  • 同時に何社も申し込まない
  • 信用情報にキズがない状態で申し込む

安定した収入を得る

仕事についていない、もしくはフリーランスや個人事業主で安定した収入のない場合は、一時的にでも給料がもらえる仕事に就く方法がおすすめです。

ただし審査難易度の高い金融機関の場合は、勤続年数も条件として提示されるケースがあります。一時的な就職を検討している方は、消費者金融など審査難易度が低めのサービスを利用すると良いでしょう。

ローン残高を少しでも減らす

現在、借入残高が残っている場合は、なるべく多く返済しておきましょう。繰上げ返済や完済ができれば、新規のキャッシング審査で有利に働きます。

消費者金融からの借入の際に定められている「借入額は年収の3分の1まで」という総量規制にも影響しにくいですし、「お金に困っている」という印象を薄くできるからです。

嘘の申告をしない

前述したように、申し込み時の虚偽の申告は基本的にバレてしまいます。嘘をついていれば、審査に通過する可能性はかなり低くなるので、正しい情報を提出しましょう。

また、書き間違いであっても虚偽の申告と判断されてしまうおそれがあるので、申し込みは慎重に行いましょう。

年収に見合う借入額を希望する

借入可能額は、年収によっても異なります。返済能力が高い、つまり年収が高いとその分借入できる金額も高くなります。年収に自信がない、もしくは雇用形態が正社員でない場合は、借入希望額を低くする方法も有効的です。

また借入額を下げることで、お金に困っている印象を薄くできる効果もあります。

同時に何社も申し込まない

複数のキャッシング申し込みを同時に行う「申し込みブラック」の状態では、審査に通りにくくなります。急いでいる場合にも、かならず1社ごとに審査を受けるようにしましょう。

信用情報にキズがない状態で申し込む

信用情報に何かしらの問題があると、キャッシングの審査に影響しやすくなります。信用情報にキズの無い状態を作ってから、借入を検討してみてください。

たとえば自己破産をした場合、CICではその情報が5年間残ります。キャッシングを利用したい方は、5年が過ぎた状態での申し込みがおすすめです。ただし金融機関によっては、信用情報が全て消去された「スーパーホワイト」の状態だと審査に落ちてしまうケースも。不安な方は、なるべく審査難易度の低い金融機関を選びましょう。

即日融資が可能なおすすめのキャッシングサービス3選

審査が甘いキャッシングサービスはありませんが、消費者金融機関であれば比較的審査の難易度が低い傾向にあります。今回は即日融資も可能な、おすすめのキャッシングサービスをご紹介します。

プロミス

申込条件

年齢18~69歳で安定した収入がある方

金利

4.5~17.8%

無利息期間

初回出金の翌日から最大30日間

プロミスは最短30分で融資が受けられ、アプリや自動契約機も使える利便性の高い消費者金融機関です。安定した収入があれば、パートやアルバイト、学生、専業主婦でも申し込みできます。初回借入時は最大30日間の無利息期間が設定されています。

参考:プロミス

アコム

申込条件

満18歳~72歳

金利

3.0~18.0%

無利息期間

初回契約日翌日から30日間

アコムも最短30分で融資が受けられるので、急いでお金を準備したい方にもおすすめの消費者金融機関です。他の消費者金融と金利が同じ程度なので、審査基準もそこまで変わりないと考えられます。融資限度額が800万円までと比較的高めに設定してあり、高額利用も可能です。

参考:アコム

SMBCモビット

申込条件

満20歳以上69歳以下の

安定した定期収入のある方

金利

3.0~18.0%

無利息期間

なし

SMBCモビットは、Tポイントが貯まる点や三井住友銀行のATMだと手数料無料で利用できる点が魅力的な消費者金融機関です。安定した定期収入があれば、アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用できます。手続きをWeb完結で済ませると、電話による在籍確認を回避できる場合もあります。

参考:SMBCモビット

まとめ

審査が甘いキャッシングサービスは存在しませんが、審査難易度は金融機関によってさまざまです。また審査に通りやすくするには、安定した収入を得たり信用情報に傷がない状態を作ったりする必要があります。嘘の申告をすると、すぐにばれて審査に落ちてしまうので注意しましょう。

「すぐにお金が必要」という方は、今回紹介した融資スピードの早いキャッシングサービスを活用してみてください。

-カードローン