三井住友カードのカードローンでお金を借りた人の口コミ・評判を紹介

三井住友カードのカードローンでお金を借りた人の口コミ・評判を紹介

カードローンを借りるとき、さまざまな金融機関があって選び方に迷いますよね?

 

三井住友カードのカードローンは、毎月の返済額が2,000円からと返済負担の少ないことが特徴です。また、返済遅延がなければ翌年から金利が下がるなど、まじめに返済する人に

はお得なシステムもあります。

 

この記事では、

・三井住友カードのカードローンの特徴

・メリット・デメリット

を説明します。

 

実際に利用した人の口コミ・評判も紹介しますので、カードローンを借りるときに参考にしてみてください。

 

三井住友カード・カードローンの特徴

三井住友カード・カードローンの特徴

まずは、三井住友カード・カードローンの特徴を4つ紹介します。

三井住友カードローン特徴

 

インターネットで申し込みが完結する

三井住友カードのカードローンでは、従来郵送が必要だった本人確認書類などの必要書類の提出が不要です。オンライン本人確認のシステムを利用し、インターネット上で本人確認が完了します。

 

書類の郵送で家族に借金がバレるリスクも少なく、誰にも知られずにお金を借りられることが特徴です。

 

毎月の返済額は2,000円から

三井住友カードのカードローンなら、毎月の返済額は最低2,000円です。

 

少額返済が可能なため、毎月たくさんのお金を返済に回す必要はありません。家計を圧迫する心配も少なく、借金の返済をしていることが家族に知られにくいこともメリットです。

 

ただし、借り入れ金額によっては、最低返済金額の設定が上がります。

 

返済日を4つから選べる

三井住友カードのカードローンでは、返済日を毎月5日・15日・25日・月末の4日から自分で選べることが特徴です。

 

カードローンのなかには、返済日が金融機関によって決められているケースもあります。給料日前に返済日があると、返済額を用意できない可能性もあるかもしれません。

 

返済が遅れた場合、遅延損害金として返済が遅れた分の損害賠償金を支払う必要があります。自分の返済しやすい返済日を設定できれば、遅延損害金の支払いで借金が膨れてしまう事態を防げるでしょう。

 

返済遅延がなければ翌年の金利が下がる

三井住友カードのカードローンなら、返済遅延のない場合には毎年金利の引き下げが行われます。

 

1年間遅延なく返済した場合、翌年の金利が0.3〜1.2%引き下げられます。2年目に0.3%、3年目に0.6%と毎年0.3%ずつ引き下げられる仕組みです。

 

遅延なく返済するとどんどん金利が下がっていくため、定期的な返済が習慣づけられ、完済しやすくなるでしょう。

 

三井住友カード・カードローンの基本情報

三井住友カード・カードローンの基本情報

三井住友カードのカードローンは、「ATM・口座振込両用タイプ」と「口座振込専用タイプ」の2種類があります。

 

利率や利用方法が異なるため、自分に合ったタイプを選びましょう。

 

ここでは、どちらのタイプを選べばよいか検討する際に、知っておきたい情報をまとめました。

 

ATM・口座振込両用タイプ

ATM・口座振込両用タイプとは、全国の銀行・コンビニのATMから借り入れできるタイプです。

 

利率は利用額に応じて、1.5〜15.0%に設定されます。口座振込専用タイプと比較して、借入金1円〜490万円までの利率は0.6%高いことがデメリットです。

 

しかし、銀行口座への振り込みだけでなく、コンビニのATMを利用すればその場で借り入れできるメリットもあります。

 

銀行やコンビニから、その場で借り入れしたい人や、500万円以上の借り入れをする人は、ATM・口座振込両用タイプを選ぶとよいでしょう。

 

口座振込専用タイプ

口座振込専用タイプは、借り入れが口座振込に限定される三井住友カードのカードローンです。ATM・口座振込専用タイプとは異なり、銀行やコンビニのATMで借り入れはできません。

 

ATM・口座振込専用タイプより、490万円までの利率は0.6%安いことがメリットです。

 

年会費や利用枠など、その他の条件は変わりません。

 

 

\今すぐ借りたい方はこちら/

カードローンおすすめランキング

 

三井住友でカードローンを申し込むメリット・デメリット

三井住友でカードローンを申し込むメリット・デメリット

三井住友カードのカードローンで借り入れするメリットは、次のとおりです。

 

三井住友カードローンメリット
  • 担保や保証人が不要
  • 申込手数料が無料
  • インターネットで申し込みが完結

 

担保や保証人が不要なため、借金したことが家族にバレにくいことがメリットです。

 

ただし、メリットだけでなくデメリットもあります。三井住友カードのカードローンを申し込むデメリットは、次のとおりです。

 

三井住友カードローンデメリット
  • 即日融資は不可
  • 三井住友銀行の普通預金口座がないと手間がかかる

三井住友カードのカードローンは、三井住友銀行の普通預金口座をもっていないと以下の手間がかかります。

 

  • 申し込みに必要な入力項目が口座をもっている場合より多い
  • キャッシュカードで借り入れできない

 

三井住友カード・カードローンの審査基準

三井住友カード・カードローンの審査基準

カードローンに申し込む際、気になるのが審査基準です。

 

実は、借り入れる金融機関や消費者金融によって、審査基準が甘くなることはありません。信用情報の事故登録や年収、他社からの借り入れ状況に応じて審査が行われます。

 

一般的な審査基準と、三井住友カードのカードローンに申し込める年齢・収入の目安を解説します。

 

信用情報

カードローンの審査では、信用情報機関に登録されている個人の信用情報が調べられます。

 

信用情報機関とは、クレジットカードやローン契約の情報を取り扱う機関です。クレジットカードを作成していたり、ローンを組んでいたりすると金融機関から信用情報機関へ信用情報が登録されます。

 

過去に借金を返済できなかったり、返済が遅れてしまったりしたことのある場合、事故情報として登録されます。ただし、債務整理などの事故情報は5〜10年で消えるため、一生記録が残るわけではありません。

 

三井住友カードのカードローンに申し込んだときに、事故情報が登録されている場合は審査が下りない可能性もあります。

 

年齢・年収

三井住友カードのカードローンの申し込み可能年齢は、満20歳〜69歳以下です。

 

また、安定した収入のある人が対象のため、日雇い労働や無職の場合は審査に落ちる可能性もあります。

 

他社からの借り入れ

他社からの借り入れ状況も、カードローンの審査基準の1つです。

 

複数社から借り入れをしていたり、返済が遅れていたりする場合は、新たな借り入れができないケースもあります。

 

 

\今すぐ借りたい方はこちら/

カードローンおすすめランキング

 

審査に落ちやすくなる理由と対策

審査に落ちやすくなる理由と対策

三井住友カードでカードローンを借りるには、以下の審査基準を満たしている必要があります。

 

審査基準
  • 申し込み対象年齢であること
  • 安定した収入があること
  • 事故情報がないこと

 

上記を満たしていない場合は、審査に落ちやすくなる恐れがあります。

 

ここでは、三井住友カードのカードローン審査に落ちやすくなる理由と対策を解説します。

 

収入が安定しないと判断された場合

カードローンの審査では、収入が安定していないと審査に落ちてしまうでしょう。日雇い労働・無職・専業主婦などが該当します。

 

収入が安定していれば問題ないため、パートやアルバイトなら審査に通る可能性もあります。

 

審査に落ちた原因が収入なら、パート・アルバイトの仕事を始めると審査に通りやすくなるかもしれません。

 

信用情報機関に事故情報が登録されている場合

信用情報機関に、過去の事故情報が登録されてしまっている場合も、カードローンの審査に落ちる原因です。

 

しかし、事故情報は一定期間が過ぎると削除されます。事故情報が削除されれば、新たにカードローンを借りられるようになります。

 

信用情報機関JICCに登録されている信用情報は、過去の借金の完済日や債務整理の発生日から5年程度です。

 

同時に他のカードローンにも申し込んでいる場合

三井住友カードのカードローンに落ちる原因は、同時に複数社のカードローンに申し込んだことにあるかもしれません。

 

カードローンの審査では、他社からの借り入れも審査基準に含まれます。借り入れ状況に応じて、借入限度額が決まる仕組みのため、同時に複数のカードローンに申し込むと審査が下りない可能性があります。

三井住友カードローンの口コミ・評判

 

三井住友カードローンの審査に通ったので早速借り入れしました
若干だが金利が安いのとキャンペーンで3月まで金利0なので有効に活用したいですね

正直三井住友カード既存とはいえ審査通るとは思ってなかったけども

マイナーだけど三井住友カードのゴールドローンってやつが低金利でいいゾ
カードローンに関して 年収360万で100万円で可決。対応も丁寧で良かったです。今まで預金も含めUFJをメインで利用してきたが、次回からは三井住友を利用しようと思いました。

 

三井住友カードでカードローンを借りるときの流れ

三井住友カードでカードローンを借りるときの流れ

ここからは、三井住友カードのカードローンを借りるときの流れを解説します。

 

インターネットから申し込み

三井住友カードのカードローンは、インターネット・ローン契約機・電話から申し込みが可能です。

 

ローン契約機は三井住友銀行内に設置されており、申し込みから借り入れまで行えます。ただし、店舗に出向く必要があるため、インターネット環境が整っているならパソコンやスマートフォンからの申し込みがおすすめです。

 

本人確認書類の提出

パソコン・スマートフォンから申し込み必要事項を入力すると、本人確認書類の提出へと進みます。本人確認書類とは、運転免許証やパスポート、個人番号カード、住民基本台帳カードなどです。

 

本人確認書類の提出は、インターネット・郵送・ローン契約機から行えます。インターネットで、本人確認書類の画像を送るだけで提出が完了するため、書類提出サービスなら手軽で簡単です。

 

審査結果の通知

本人確認書類を提出すると、カードローンの審査が始まります。

 

審査結果は、登録した電話番号への着信あるいはメールアドレスへのメールで行われます。審査結果が届くのは、最短で翌営業日です。

 

初回振込みサービスの利用

三井住友カードのカードローンでは、「初回振込みサービス」を利用できます。

 

「初回振込みサービス」とは、カード受け取り前に登録口座に希望金額が振り込まれるサービスです。カードの到着を待たずに借り入れできるため、すぐにお金を借りたい場合に便利でしょう。

 

サービスを利用する場合は、申し込み時に「初回振込みサービス」をあわせて申し込む必要があります。

 

カードの受け取り

審査に通ると、ローン専用カードが郵送されます。

 

ただし、三井住友銀行に普通預金口座をもっている場合は、キャッシュカードで借り入れ可能です。

 

まとめ

お金を借りる期間が長いなら三井住友カードのカードローンがおすすめ

 

三井住友カードのカードローンは、返済遅延がない場合は翌年の金利が下がる仕組みです。

 

そのため、借入金額が大きい場合や借入期間が長い場合は、金利がお得になります。お金を長く借りる予定があるなら、三井住友カードのカードローンがおすすめです。

 

HOME 三井住友カードのカードローンでお金を借りた人の口コミ・評判を紹介

CATEGORY:

カードローン
【5分で解決】今すぐ3万円借りる!おすすめのカードローン5社と申し込み手順を解説
【5分で解決】今すぐ3万円借りる!おすすめのカードローン5社と申し込み手順を解説
【2022年最新】カードローンのおすすめランキング9選|後悔しない選び方も紹介
【2022年最新】カードローンのおすすめランキング9選|後悔しない選び方も紹介
プロミスの評判は悪い?口コミからわかるメリット・デメリットを解説
プロミスの評判は悪い?口コミからわかるメリット・デメリットを解説
SMBCモビットの口コミ・評判を詳しく解説!利用が向いている人も
SMBCモビットの口コミ・評判を詳しく解説!利用が向いている人も
みずほ銀行カードローンの特徴や借入方法、評判まで解説!
みずほ銀行カードローンの特徴や借入方法、評判まで解説!
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の特徴と口コミ・評判を解説
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の特徴と口コミ・評判を解説
カードローン審査に落ちる9つの原因と5つの改善策|やってはいけない行動を解説
カードローン審査に落ちる9つの原因と5つの改善策|やってはいけない行動を解説
アイフルの評判が気になる!特徴・審査基準・口コミを紹介!
アイフルの評判が気になる!特徴・審査基準・口コミを紹介!
AIスコア・レンディングを導入したj.score(ジェイスコア)カードローンの口コミ・評判
AIスコア・レンディングを導入したj.score(ジェイスコア)カードローンの口コミ・評判
【即日可】50万円を借りる方法4選!カードローンの選び方も
【即日可】50万円を借りる方法4選!カードローンの選び方も