【厳選】18歳で申し込みできるクレジットカード8選!親の同意なしでカードを持つ方法も紹介

【厳選】18歳で申し込みできるクレジットカード8選!親の同意なしでカードを持つ方法も紹介

「18歳でもクレジットカードを持てる?」
「18歳で申し込めるクレジットカードが知りたい」
「親の同意無しでクレジットカードを持つ方法はある?」

このような悩みにお答えしていきます。

 

クレジットカードを申し込むには、一定の条件が設けられています。
多くの場合、高校生を除く18歳から申し込み可能ですが、大学生・専門学生なのか、社会人なのかによっても条件が異なります。

 

どのようにカードを選べばよいのか・親の同意が必要なのか、など気になることも多いでしょう。

そこで、こちらの記事では、以下の内容について解説していきます。

  • クレジットカードを申し込める条件
  • 若いうちにクレジットカードを持つメリット
  • 18歳でクレジットカードを持つときの注意点
  • 18歳から申し込みできるクレジットカード

また、親の同意無しでクレジットカードを持ちたい人向けの方法も紹介していきます。

 

18歳でクレジットカードを作りたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

クレジットカードが申し込めるのは18歳から

クレジットカードには、それぞれ申し込み条件が設けられています。
一般的に、高校生を除く18歳以上であれば申し込みできるカードは多いでしょう。

しかし、18歳可でも以下のようなさまざまな条件がついていることがほとんどです。

  • 高校を卒業している
  • 親権者の同意が得られる
  • 連絡可能な電話番号を所有している
  • 学生または就業している
  • 本人確認書類を用意できる

カードの申し込み条件をよく確認してから申請するようにしましょう。

若いうちにクレジットカードを持つメリット

「クレジットカードを所有するのが怖い」「若いうちにクレジットカードを持つメリットはあるのか」気になる人もいるでしょう。

こちらでは、若いうちにクレジットカードを持つメリットを3つ紹介します。

  1. 「クレジットヒストリー」を積める
  2. 金融リテラシーの向上に役立つ
  3. 学生向けカードには特典が多い

クレジットカードを持つことに迷う方は、参考にしてみてください。

1.「クレジットヒストリー」を積める

クレジットヒストリー(クレヒス)とは、クレジットカードやローンの取引履歴のことを指します。早いうちにクレジットカードを持つことで、クレヒスを積めるのがメリットのひとつです。

カードの取引履歴は「信用情報機関」に保管されて、カード会社や金融機関などで共有されます。

きちんと支払いを行っていれば、良好なクレジットヒストリーが積めるので、カード会社や金融機関に信用性が高い顧客と受け取ってもらえます。

将来的にローンを組むときや、クレジットカードのステータスを上げたいときなどに役立つでしょう。

むしろ、30代~40代でクレヒスがないと、審査に不利になるとも言われるほどです。将来的に考えても、なるべく早く積み始められるのが理想です。

2.金融リテラシーの向上に役立つ

金融リテラシーとは、お金を使うのに必要な知識や判断力のことを指します。クレジットカードを利用すると「後払い」「金利がかかる」など、現金払いでは学べない知識を得られます。

もちろん、使いすぎや金利の増加などのリスクもありますが、どう回避すべきなのか、正しいお金を管理する方法がわかります。

お金を使う上で基本的な知識は、クレジットカードを使うことで身につきます。「一生現金払いがいい」という人は、一度考え直してみるとよいでしょう。

3.学生向けカードには特典が多い

学生向けカードは、その名の通り学生向けです。

例えば、以下のようなさまざまな特典があることがメリットです。

  • ポイント還元率が高い
  • 入会費が安い
  • 使い続けると自動的にグレードアップできる

学生のうちに入会すれば、社会人になっても使い続けられるカードは多く、特典も引き継げる可能性があります。

成人・社会人になってからよりも、有利な条件でクレジットカードを作れるので、学生のうちは学生向けカードを検討してみるのがおすすめです。

 

\今すぐ作りたい方はこちら/

クレジットカードおすすめランキング

 

18歳から申し込みできるクレジットカード8選

18歳から申し込みできる、おすすめのクレジットカードを8種類紹介します。

  1. 三井住友カード(NL)
  2. 三井住友カード デビュープラス(学生)
  3. JCB カード W
  4. イオンカードセレクト
  5. 学生専用ライフカード
  6. JALカードnavi(学生専用)
  7. 楽天カード
  8. エポスカード

学生専用のカードも紹介していますので、最適な1枚を見つけるための参考にしてみてください。

1.三井住友カード(NL)

引用元:三井住友カード(NL)

年会費 無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Visa、Mastercard
申し込み条件 満18歳以上(高校生は除く)

三井住友カード(NL)は、カードに番号が印字されないナンバーレスタイプなので、セキュリティ面が心配な人におすすめです。

年会費は永年無料ながら、海外旅行傷害保険が最高2000万円と、手厚い補償が付帯しています。
使用することでVポイントを得られ、コンビニやマクドナルドでは最大5%の還元を受けられます。

また、SBI証券の投資信託の積立でも0.5%のポイントが付与されるので、資産運用を行いたい人にもおすすめです。

2.三井住友カード デビュープラス(学生)

年会費 初年度無料
通常 1,375円(税込):年1回利用で無料
ポイント還元率 1%
国際ブランド Visa
申し込み条件 満18歳~25歳までの学生(高校生は除く)

三井住友カード デビュープラス(学生)は、18歳から25歳までの人が初めて持つのにおすすめのカードです。

初年度年会費無料で、翌年度は通常1,375円かかります。しかし、年1回以上の利用で無料になるので、実質永年無料と考えてよいでしょう。

満26歳以降になると、自動的に「プライムゴールド」にランクアップします。通常、クレジットカードのランクアップは条件が厳しいものなので、嬉しい特典と言えます。

通常でも利用金額200円につき2%ポイント還元なので「三井住友カード(NL)」と比較すると2倍です。総利用枠は30万円までなので、使いすぎが怖い方も安心でしょう。

3.JCB カード W

年会費 無料
ポイント還元率 1%〜5.5%
国際ブランド JCB
申し込み条件 18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。

JCB CARD Wは、還元率が最大5.5%という高さが特徴です。
海外旅行傷害保険が最大2000万円、国内・海外航空機遅延保険が付帯。海外旅行によく行く人におすすめです。

もうひとつ女性向けクレジットカードの「JCB カード W plus L」もあります。女性のための保険サポートや、LINDAの日にルーレットで当たりが出るとJCBギフトカードプレゼントなどの特典がつきます。

JCB カード Wも、W plus Lも、ポイント還元率の高さを重視したい人におすすめです。

4.イオンカードセレクト

 

カードのお申し込みはこちら

 

年会費 無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Visa、Mastercard、JCB
申し込み条件 18歳以上で電話連絡可能な方(高校生は除く)

イオンカードの特徴は、卒業年度の1月1日以降であれば申し込み可能なところです。早生まれの人は18歳の誕生日まで待たなければなりませんが、卒業を待たずにカードを持てるのがメリットです。

イオンで良く買い物をする人や、なるべく早くクレジットカードを保有したい人におすすめです。

また、イオンシネマの映画料金がいつでも1,000円になるという特典もあるので、よく利用する人には嬉しいでしょう。

 

 

カードのお申し込みはこちら

 

5.学生専用ライフカード

年会費 無料
ポイント還元率 0.4%〜1%
国際ブランド Visa、Mastercard、JCB
申し込み条件 高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方

学生専用ライフカードは、学生専用ならではのメリットが多数あります。

  • 海外で利用した総額の3%をキャッシュバック(年間10万円まで)
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯で最高2000万円
  • 携帯料金決済でAmazonギフト券が抽選で当たる

ポイントはステージ制で、利用金額が増えると最大で2倍、さらに誕生月は3倍など貯めやすいのが特徴です。

卒業後も年会費無料なので、学生のうちに入会しておくとお得に利用できるでしょう。

6. JALカードnavi(学生専用)

年会費 在学期間中は無料
ポイント還元率 1%
国際ブランド Visa、Mastercard、JCB、DC
申し込み条件 18歳以上30歳未満の学生(高校生を除く)

JALカードnaviは、学生専用のカードで在学中は無料で利用できます。

マイルを貯めると、最大6割引で国内線や国際線の特典航空券と交換できます。免税店での割引も受けられ、旅行好きには嬉しいサービスが満載でしょう。

在学期間中に貯めたマイルは有効期限が無制限なので、学生のうちにマイルを貯めて将来利用したいという人にもおすすめです。

7.楽天カード

年会費 無料
ポイント還元率 1%
国際ブランド Visa、Mastercard、JCB、American Express
申し込み条件 18歳以上の方(高校生の方は除く)

楽天カードは、通常の買い物でもポイント還元率1%と高く、楽天市場での利用ではさらにポイントがアップします。
また、楽天カード加盟店で利用すれば、ポイントの二重取りも可能。

ポイントを貯めて月々のカード支払いに充てたり「楽天ポイント」マークがあるお店の支払いに利用したりできます。

マクドナルドや吉野家、ファミリーマートなど若者が利用するお店が多数対象になっているので、ポイントを貯めたい人も、支払いを抑えたい人も、利用しやすいカードといえます。

8.エポスカード

年会費 無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA
申し込み条件 18歳以上の方(高校生を除く)

エポスカードは、全国Visa加盟店での利用はもちろん、携帯電話や電気・ガスなどの公共料金の支払いでもポイントを貯められるのが特徴です。

カラオケ店や居酒屋、カフェなど若者がよく利用するお店も割引やポイントアップの対象です。

ネットショッピングが多い人は「たまるマーケット」というポイントアップサイトを利用すれば、最大で30倍のポイント還元。
貯めたポイントはApp Store & iTunes コードやスターバックスカード・マイルなどに交換できます。

たくさんポイントを貯めたい・日々利用する施設で還元を受けたいという方におすすめです。

18歳でクレジットカードを持つときの注意点

18歳でクレジットカードを持つには、いくつかの注意点があります。

こちらでは4つの注意点について解説します。

  1. 18歳・19歳でも高校生は不可
  2. 未成年は親の同意が必要
  3. 一度に複数を申し込むことを避ける
  4. 大学生や専門学生なら「学生カード」がおすすめ

ぜひチェックしてみてください。

1. 18歳・19歳でも高校生は不可

クレジットカードの申し込みは18歳からです。

しかし18歳や19歳でも、高校生は申し込み不可と考えておきましょう。多くのクレジットカードでは申し込み条件を「18歳以上(高校生を除く)」としています。

ただし「家族カード」の場合は、特殊な条件で高校生でも所持できる可能性があります。
また、イオンカードでは「卒業年度の1月1日以降」とするなど、条件によっては高校生でクレジットカードを所持できることも。

早くクレジットカードを所持したいなら、申し込み条件を詳しくチェックしてみてください。

2.未成年は親の同意が必要

18歳・19歳の未成年は、クレジットカードの申し込みはできますが親の承諾が必要です。保護者の署名が必要なケースや、カード会社からの同意確認の電話があるケースなどがあります。

親の承諾が受けられなければ、カード発行は拒否されます。
クレジットカードを作りたいなら「なぜ作りたいのか」をはっきりさせて親を説得してみてください。

難しいようであれば、20歳になるまで待つのも選択肢のひとつです。

3.一度に複数を申し込むことを避ける

クレジットカードを申し込むと、信用情報に記録されます。そのため、一度に複数のカードを申し込むのは避けましょう。

他にも複数のカードに申し込みをしていると発覚した場合、返済能力を疑われる恐れがあります。

自分にぴったりのカードを1枚選び、返済が滞らないように気をつけることが大切です。

4.大学生や専門学生なら「学生カード」がおすすめ

学生カードは、年会費が安く手厚い補償も付帯しているのがポイントです。

学生のうちでなければ入会できませんが、社会人になっても安い年会費のまま所持し続けられるカードもあります。

学生でクレジットカードを持つのは怖いと感じる人もいるでしょう。
しかし、学生カードは利用上限が最大でも30万円程度と、一般的なクレジットカードに比べて低いのが特徴です。

使いすぎが心配な人も、安心して利用できます。

 

\今すぐ作りたい方はこちら/

クレジットカードおすすめランキング

 

親の同意なしでクレジットカードを持つ方法

「親の同意が得られなかったがクレジットカードを持ちたい」「親に頼らず自分でカードを所有したい」という人もいるでしょう。

親の許可を得ずにカードを保つ方法は、主に2通りです。

  1. デビットカード
  2. プリペイドカード

それぞれの特徴を解説していきます。

1.デビットカード

デビットカードは、使ったその場で口座から引き落としされるのが特徴です。

普通預金口座を持っていれば、その銀行のデビットカードを作れる 可能性があります。
例えば、三井住友銀行のデビットカード「SMBCデビット」の条件は、クレジットカードよりもゆるく「満15歳以上(中学生を除く)」となっています。

さらに、20歳未満でも親権者の同意は不要です。
「アルバイトでお金を貯めている」「これまでのお小遣いやお年玉を預金している」という人は、デビットカードを作るのも選択肢のひとつです。

2.プリペイドカード

プリペイドカードなら、年齢制限を気にせず作れます。例えば、Suicaやnanacoのようにお金をチャージして使うものを言います。

また「バンドルカード」もプリペイドカードの一種です。

バンドルカードは審査や年齢制限なしで、アプリを入れればわずか1分で発行されます。リアルカードが欲しければ、発行費はかかりますが所持可能です。

世界のVisa加盟店で使えるので、ほぼクレジットカードと同じです。
入会費も無料なので、所持するのにコストはかかりません。コンビニやATM、ネット銀行など多くの場所でチャージできます。

後払い機能もあるので、手元にお金が無くても利用可能。ただし、翌月末までに支払いが求められるので忘れないように気をつけましょう。

18歳以上ならクレジットカードを申し込みできる!最適な1枚を選ぼう

18歳以上であれば、クレジットカードの申し込みは可能です。

ただし、18歳・19歳の未成年の場合、親の承諾が必要です。
18歳から申し込めるカードは多いので、気になるカードがあれば申し込み条件をチェックしてみましょう。

学生であれば、学生カードを選ぶのがおすすめです。
社会人になっても学生時の特典を引き継げる可能性があるので、かなりお得にカードを所持できます。

早いうちにクレジットカードを持つことで、お金の使い方や知識が学べます。ぜひあなたにぴったりの1枚を見つけてみてください。

HOME 【厳選】18歳で申し込みできるクレジットカード8選!親の同意なしでカードを持つ方法も紹介

CATEGORY:

クレジットカード
【2022年】4000人が選んだおすすめクレジットカードランキング!選び方や審査基準なども分かりやすく解説
【2022年】4000人が選んだおすすめクレジットカードランキング!選び方や審査基準なども分かりやすく解説
【2022年最新】ETCカードおすすめ10選 利用者の口コミやアンケートも公開
【2022年最新】ETCカードおすすめ10選 利用者の口コミやアンケートも公開
【2021年最新】海外旅行で役に立つおすすめのクレジットカード10選!
【2021年最新】海外旅行で役に立つおすすめのクレジットカード10選!
クレジットカードは無職でも作れる!クレカ5選やスムーズに発行するコツを紹介
クレジットカードは無職でも作れる!クレカ5選やスムーズに発行するコツを紹介
【簡単にできる】クレジットカードの家族にバレない作り方を紹介!作れない時の対処法とは
【簡単にできる】クレジットカードの家族にバレない作り方を紹介!作れない時の対処法とは
【無料】学生向けクレジットカード7選|項目別のおすすめや失敗しない選び方を解説
【無料】学生向けクレジットカード7選|項目別のおすすめや失敗しない選び方を解説
【厳選】18歳で申し込みできるクレジットカード8選!親の同意なしでカードを持つ方法も紹介
【厳選】18歳で申し込みできるクレジットカード8選!親の同意なしでカードを持つ方法も紹介
【5分でわかる】クレジットカードで審査落ちする7つの理由!対策法3選・申込みの注意点を紹介
【5分でわかる】クレジットカードで審査落ちする7つの理由!対策法3選・申込みの注意点を紹介