金利の安いおすすめのキャッシングサービスを紹介!金利を抑える方法も

「どのキャッシングを利用しようか悩んでいる」という方には、金利が低く利息の安いサービスをおすすめします。利息が抑えられたら、返済負担を減らせて完済までのスピードも早くなるからです。

そこで本記事では、金利の低いおすすめのキャッシングサービスをご紹介します。それぞれの特徴や利用のメリットについても併せて解説しているので参考にしてみてください。後半では、利息の計算方法や、金利を抑える方法もご紹介しています。

金利の安いおすすめのキャッシングサービス

金利が低く、利息を安くできるおすすめのキャッシングサービスをご紹介します。

アイフル

実質年利

3.0%~18.0%

無利息期間

はじめての方なら初回契約日翌日から最大30日間

融資可能額

1,000円~800万円
※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります
※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です

増額申請

可能。増額申込みフォームから申請

アイフルは最短25分(※)で審査が完了するキャッシングサービスなので、急いで借入したい方にもおすすめです。初回利用の場合、最大30日間の無利息期間が設定されているため、利息を抑えたい場合は早めの返済を目指しましょう。

無利息期間での返済が難しそうな場合は、増額申請をして金利を抑える方法もあります。アイフル公式サイトの増額申し込みフォームから申請可能です。

※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

参考:アイフル

プロミス

実質年利

4.5%~17.8%

無利息期間

初回出金の翌日から30日間

融資可能額

500万円

増額申請

Webサイトから24時間申し込み可能

プロミスは最短30分で融資可能であり、アプリや自動契約機でも申し込みできる利便性の高いキャッシングサービスを提供しています。初回利用の方は30日間の無利息期間が設定されているため、1か月以内の返済目途が立っている方にもおすすめです。

参考:プロミス

アコム

実質年利

3.0%~18.0%

無利息期間

初回契約日翌日から30日間

融資可能額

1万円~800万円

増額申請

Webサイトから24時間申し込み可能

アコムは融資可能額が800万円までと高めに設定してあるので、高額利用を検討している方におすすめです。審査も最短30分で完了します。

増額申請は、電話やWeb、ATMや自動契約機などさまざまな方法で申し込み可能です。ATMとWebからの申し込みであれば、24時間利用できます。

参考:アコム

ACマスターカード

実質年利

10.0%~14.6%

※カードローンとクレジットの利用合計の上限は800万円まで

無利息期間

なし

融資可能額

10万円~300万円

増額申請

不可

ACマスターカードは、アコムが発行しているリボ払い専用のクレジットカードで、キャッシング機能を利用できます。最短即日発行可能なので、その日のうちに借入可能と利便性の高い点も魅力的です。

また、上限金利が相場より低めに設定されているので、少額融資の際におすすめしたいサービスだといえます。ただしクレジットカードの利用残高が高すぎると、融資可能額が減ってしまう点には注意が必要です。

参考:【アコム公式】クレジットカード(ACマスターカード)

キャッシングにおける金利とは

キャッシングとは、カードローンやクレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借りることです。一般的に、金融機関から借入をした場合に利息を支払う必要があります。金利とは、この「利息」を計算する上で定められる割合です。

またホームページやパンフレットに記載されている「実質年利」は、利息以外に手続きの手数料や諸費用が含まれた金利をいいます。

キャッシングの金利相場

キャッシングの金利は、利用する金融機関によって若干の差があります。

【キャッシングの金利相場】

クレジットカード:15.0%~18.0%程度

銀行系のカードローン:3.0%~15.0%程度

消費者金融系のカードローン:5.0%~18.0%程度

クレジットカードのキャッシング機能は、金融機関のカードローンに比べると少し金利が高い傾向にあります。しかし、初回利用時は上限金利での借入となるケースが多いため、実際にはそこまで大差ありません。

カードローンにおいては消費者金融系よりも銀行系の方が金利は低いのですが、その分審査基準も厳しく設定されていると考えられます。

利息の計算方法

利息は借入金額に金利をかけて365日で割り、1か月の日数をかけて決まります。以下に利息の計算方法の一例を示します。

【利息の計算方法:例1】

  • 借入金額:200万円
  • 金利:18.0%
  • 借入期間:30日

200万円×18.0%÷365日×30=29,589円

【利息の計算方法:例2】

  • 借入金額:200万円
  • 金利:15.0%
  • 借入期間:30日

200万円×15.0%÷365日×30=約24,657円

このように、借入額が高いと金利が3.0%違うだけでも利息は大きく異なります。キャッシングを検討している場合は、金利が安い金融機関がおすすめです。

キャッシングの金利を安くする方法4選

上記の計算式でもわかるように、金利が高いとその分利息も増えてしまいます。金融機関によって金利は定められていますが、以下の4つの方法でキャッシングの利息を安くできる可能性があるので、ぜひ参考にしてください。

【キャッシングの金利を安くする方法】

  • 無利息期間に完済させる
  • おまとめローンを活用する
  • 融資設定額の増額申請をする
  • 短期間で返済する

無利息期間に完済させる

金融機関によっては、初回利用時に無利息期間を設定している場合があります。もし200万円を金利18.0%で30日間借りた場合、利息は29,589円です。無利息期間に返済できれば、約3万円分を支払わずに完済できます。

無利息期間は、30日間〜90日間程度で定められているケースがほとんどです。

おまとめローンを活用する

複数の借入を一つの金融機関にまとめて借りなおす「おまとめローン」を活用すると、これまでより金利を下げられる可能性があります。おまとめローンのように借入額の高くなる商品は、通常より金利が低く設定されているからです。

ちなみにおまとめローンは、複数の借入をまとめることで今までより返済の管理がしやすくなるメリットもあります。

融資設定額の増額申請をする

融資設定額の増額申請をすると、金利を引き下げられる可能性があります。融資額が高くなるほど、金利を引き下げなければならないことが、利息制限法で定められているからです。

またカードローンの契約だけでなく、クレジットカードのキャッシング機能も融資可能額を変更できます。ただし融資設定額を増やすには、審査に通過しなければなりません。給料が上がったタイミングや臨時収入を得られたタイミングをおすすめします。

参考:利息制限法 | e-Gov法令検索

短期間で返済する

金利を下げられそうにない場合は、短期間での返済を目指して少しでも利息を減らす方法がおすすめです。利息は借入額に金利と借入期間を掛けて計算されるため、早く返済するほど利息を押さえられる傾向にあります。

ここで200万円を18.0%の金利でキャッシングした場合の利息を、借入期間で比較してみましょう。

借入期間

30日間

60日間

90日間

利息額

約3.0万円

約5.9万円

約8.9万円

このように、返済期間が1か月伸びると3万円ほど利息額が増えてしまいます。金利の引き下げが難しいと判断した場合は、なるべく早い返済を心がけて少しでも返済総額を抑えられるように調整してみてください。

金利の安いキャッシングのメリット

キャッシングを受けるにあたり、なるべく金利の低い商品を選択するメリットは2つあります。

【金利の安いキャッシングのメリット】

  • 返済総額が減る
  • 他のローン申請時に有利になる

前述したように、金利が低いと利息が減り、返済総額を安くすることが可能です。返済総額が安くなれば、その分完済までのスピードを上げられます。

また金利の低いキャッシングを選ぶと、他の融資の際に受ける審査で有利に働く場合があります。ローンの審査では他社からの借入状況も加味されて、融資の有無や融資可能額が決定するからです。

借入残高が少ない状態、もしくは完済していると、希望に沿った融資が受けられる可能性が高くなります。

金利の安いキャッシングの注意点

キャッシングサービスにおいては、「金利3.0〜18.0%」のように幅を持たせて金利が設定されている場合が多く見られます。必ずしも下限金利で借入できるわけではない、という点には注意しましょう。

例えば、アイフルとプロミスでのキャッシングを検討しているとします。

 

実質年利

A社

3.0%~18.0%

B社

4.5%~17.8%

借入額が安い場合や、初回利用の場合は上限金利での借入となる可能性が高いため、「3.0%と金利が低いから、A社を利用しよう」と決めてしまうのは、誤った判断です。

実際どのくらいの金利での借入になるのか、申し込み前に問い合わせてみると確実でしょう。

キャッシングの利用方法|借入までの流れ

キャッシングを利用する際の流れは、以下のとおりです。

【キャッシングの利用方法】

  1. 利用したい金融機関にキャッシングの申し込みをする
  2. 申し込みが完了すると、審査が実施される
  3. 審査に通過すると、融資可能額が決定する
  4. ATMや窓口などでキャッシングを受けられる

キャッシングを申し込む際は、必ず審査が実施されています。審査は年齢や職業、他社からの借入状況などの情報が材料となり、設定される融資可能額も人によってさまざまです。

また一度審査に通れば融資限度額内で何度も借入ができる点が、キャッシングのメリットでもあります。

まとめ

キャッシングを受ける際は、金利が低く返済総額が少しでも安くなるサービスを選択することをおすすめします。返済総額が安くなれば負担が減り、他のローン申し込み時も有利になる可能性があるからです。

キャッシングの金利を抑えるには、無利息期間に完済させたりおまとめローンを利用したりする方法があります。また収入が増えた場合は、融資設定額の増額申請に挑戦してみるとよいでしょう。

キャッシングは便利な機能ですが、借りすぎて返済負担が大きくなりすぎないように注意すべきです。自分が返せる範囲内での利用を心がけましょう。

-カードローン