【怖くない】カードローンとは何かをわかりやすく解説!おすすめの消費者金融・銀行ローン4選を紹介

「カードローンを使うのは怖い…!」
「カードローンは他のキャッシングと何がちがうの?」
「使いやすいおすすめのカードローンってある?」

あなたはカードローンに対して、こんなお悩みはありませんか?

確かにお金を貸してくれる業者と聞くと、ヤミ金・サラ金・取り立てといった悪いイメージもつきまとうでしょう。

しかし、仕組みを理解し安全な業者を選べば、大きな問題なくお金を借りられることも覚えておきましょう。

そこで、この記事では、

  • カードローンとは?仕組みを解説
  • おすすめな理由3選
  • 申し込み方法と手続きの流れ
  • おすすめのカードローン4選
  • 注意したい3つのポイント

について解説していきます。

カードローンが使えると、生活の中で急な出費が必要になったときでも、慌てずに対応できますよ

カードローン利用について漠然とした不安を抱えている人は、ぜひこの記事を参考に、一歩踏み出してくださいね!

そもそもカードローンとは!仕組みをわかりやすく解説

こちらでは、そもそもカードローンがどんなサービスなのかを解説していきます。

  1. カードローンとは借り入れサービスのひとつ
  2. カードローンは銀行とノンバンクの2種類
  3. クレジットカードやフリーローンとの違い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1. カードローンとは借り入れサービスのひとつ

カードローンとは、銀行・消費者金融・信販会社といった金融機関が個人にお金を貸してくれるサービスをいいます。

会社によって多少の違いはありますが、借り入れには以下のような条件が決められていることが多いです。

  • 毎月安定した収入がある
  • 勤続年数がある
  • 信用情報に問題がない
  • その他、カードローン会社の基準を満たしている

これらを満たした上で、カードローン会社の審査に通らなければ、借り入れはできません

さらに、申し込み者の支払い能力以上に、借り入れできない仕組みになっています。これは、無理な借り入れによって、借りた人の生活が破綻するのを防ぐためです。

カードローンの仕組みを知らなければ、漠然と怖いと感じるかもしれませんね。しかし、理解したうえで上手に利用すれば、便利なサービスといえるでしょう。

2. カードローンは銀行とノンバンクの2種類

カードローン会社は、以下の2種類に分類されます。

  • 銀行
  • ノンバンク(消費者金融・クレジットカードなど信販会社)

カードローンについて知らない人は、どちらを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、下表でそれぞれの長所と短所を比べてみましょう。

 

長所

短所

銀行

・金利が低い
・利用限度額が大きい
・長期間の借り入れに向いている

・審査が厳しい
・融資まで時間がかかる
・最低収入が決められている場合がある
・口座が必要な場合がある

ノンバンク

・銀行より審査に通りやすい
・融資までのスピードが早い
・急ぎの借り入れに向いている

・金利が高い

このように、銀行カードローンのほうが金利は低いので、長期の借り入れにおすすめといえます。ただし、審査はノンバンクより厳しく設定されていることが多いです。

銀行の審査が通らない人は、消費者金融のカードローンなら通る可能性があります。ただし、銀行カードローンと比較して金利が高いので、返済は早めに済ませたほうがいいでしょう。

3. クレジットカードやフリーローンとの違い

「カードローンとクレジットカードのキャッシングは何が違うの?」と思う人がいるかもしれません。

下表でカードローンとキャッシングの違いを比べてみましょう。

 

キャッシング

カードローン

ショッピング

×

利用枠

1~100万円

1~1000万円

金利
(会社により変動)

年15.0~18.0%

年1.8~18.0%

クレジットカードは、日常の買い物で支払いに使える「ショッピング枠」と、お金を借り入れできる「キャッシング枠」があります。

それに対して、カードローンは借り入れに特化しているので、ショッピング枠は設定されていません

クレジットカードの利用枠は小さいことと、金利の高さを考えると、長期間の利用はカードローンがお得でしょう。

また、カードローンと似ているサービスで「フリーローン」があります。

フリーローンの大きな違いは、1回借り入れたら返済に特化するところです。カードローンより使い勝手は制限されてしまいますが、大きな買い物などに向いています。

カードローン利用がおすすめな理由3選!どこよりもわかりやすく解説

こちらでは、他の借り入れサービスよりもカードローンをおすすめする理由を、3つ挙げていきます。

  1. 担保や保証人がいらない
  2. 借り入れと返済が柔軟にできる
  3. 借り入れたお金の使いみちは自由に決められる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1. 担保や保証人がいらない

銀行で個人ローンを借り入れるときは、担保や保証人が必要です。

しかし、カードローンなら、保証会社の保証を受けられるので必要ありません

なかなか家族の協力を得られない人や、訳あって他人に知られたくない人も、ひとりで申し込みすることができますよ

また、担保や保証人の手続きがショートカットできるので、急な出費のために早く借り入れしたいときもおすすめです。

2. 借り入れと返済が柔軟にできる

カードローンなら、契約の限度額内で「借り入れ」「返済」が自由に行えます

たとえば、100万円が限度額なら、70万円を借り入れし50万円を返済した後に、再度30万円の借り入れも可能です。

さらに、借り入れや返済は、以下のATMやネットバンクで対応している会社が多いです。

  • 銀行ATM
  • コンビニATM
  • ゆうちょATM
  • ネットバンク

普段から身近にあるATMが使えるので、操作に困らず利用もしやすいでしょう。

3. 借り入れたお金の使いみちは自由に決められる

自動車・住宅・教育といった各ローンは、専用ローンのため使いみちが決まっています。

それに対して、カードローンは「生活資金の範囲」であれば、自由に活用できます。たとえば、子供の学費や結婚式など、人生で大きな出費があるときにも利用が可能です。

ただし、事業資金は対象外とするカードローンがあるので事前に確認しましょう。

今すぐ必要なくても、将来に備えて契約しておくことができますよ

カードローンを利用したい!申し込み方法をわかりやすく解説

こちらでは、実際にカードローンを利用するときの申し込み方法を解説していきます。

カードローンの申し込みから利用までは、次のような流れで進みます。

  1. 申し込み(Web・電話・郵送・店舗):スマホで簡単に申し込めるWeb経由がおすすめ
  2. 必要書類の提出(勤務先・勤続年数・年収など)
  3. 審査:消費者金融なら即日融資に対応している事業者も
  4. ローン用カードの発行
  5. 利用開始

また、申し込み金額が50万円を超える場合は、源泉徴収票をはじめとする収入証明書類が必要になります。

これらの書類は、市役所などで発行してもらう必要がありますので、事前に準備しておきましょう。

厳選!ノンバンク&銀行のおすすめカードローン4選

「カードローンを使いたいけれど、会社が多すぎて迷う…!」という人へ向けて、おすすめのカードローンを4つ紹介していきます。

  1. プロミス フリーキャッシング
  2. SMBCモビット フリーキャッシング
  3. 三菱UFJ銀行 バンクイック
  4. 楽天銀行 スーパーローン

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1. プロミス フリーキャッシング

プロミスは「オリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン2年連続第1位(2020年・2021年)」の評価を受けています。

メールアドレスの登録とWeb明細の利用で、初回利用日の翌日から30日間無利息になるため、初めてカードローンを借りる人でも利用しやすいでしょう。

申込条件

・18歳以上69歳以下
・安定した収入がある
・主婦・学生・パート・アルバイトも可

借入額

500万円まで

金利

4.5%~17.8%(実質年率)※新規契約の方が対象

審査時間

最短15秒で事前審査 ※本審査が必要です

融資スピード

最短30分

使途

生計費のみ ※個人事業主は生計費および事業費に限る

担保・保証人

なし

必要書類

・運転免許証またはパスポートなど

以下の場合は収入証明書が必要
・希望する借り入れ額が50万円を超える
・希望する借り入れ額と他社でとの利用残高合計が100万円を超える

収入証明書は下記のうちいずれか1点
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・税額通知書(最新のもの)
・所得(課税)証明書
(最新のもの、かつ収入額と所得額の記載があるもの)
・給与明細書(直近2か月分)+賞与明細書(直近1年分)

2. SMBCモビット フリーキャッシング

SMBCモビットは、三井住友グループの消費者金融です。

利用申し込みで、TポイントまたはVポイントが貯まります。さらに、Tポイント連携すると返済でもポイントがもらえ、借り入れ返済にも利用できますよ

申込条件

・満20歳以上69歳以下
・安定した定期収入がある
・派遣社員・アルバイト・パート・自営業も可

借入額

800万円まで

金利

3.0%~18.0%

審査時間

最短30分

融資スピード

最短で申込当日 ※受けつけ状況により異なる

使途

担保・保証人

なし

必要書類

・運転免許証またはパスポートなど

以下の場合は収入証明書が必要
・希望する借り入れ額が50万円を超える
・希望する借り入れ額と他社でとの利用残高合計が100万円を超える

収入証明書は下記のうちいずれか1点
・源泉徴収票の写し
・確定申告書の写し
・税額通知書の写し
・所得(課税)証明書の写し
・給与明細書の写し(直近2か月分)+賞与明細書(直近1年分)

3. 三菱UFJ銀行 バンクイック

バンクイックは、三菱UFJ銀行のカードローンです。

金利の低さに加えて、返済は最小1,000円から設定できます。さらに、銀行口座がなくても借り入れが可能ですよ。

申込条件

・満20歳以上65歳未満
・国内居住
・安定した収入がある
・保証会社(アコム(株))の保証を受けられる

借入額

10~500万円まで

金利

1.8%~14.6%

審査時間

最短で翌営業日以降

9~21時に連絡(土・日・祝日は9~17時)

融資スピード

使途

制限なし ※事業性資金は除く

担保・保証人

保証会社(アコム(株))

必要書類

本人確認は下記のうち2点
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・個人番号カード
・在留カード
・特別永住者証明書

以下の場合は収入証明書が必要
・希望する借り入れ額が50万円を超える

収入証明書は下記のうちいずれか1点
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・納税証明書その1・その2(個人事業者の方)
・確定申告書第1表・第2表

4. 楽天銀行 スーパーローン

スーパーローンは、楽天のカードローンです。

返済は月々2,000円から設定できます。入会と利用でも楽天ポイントが貯まるため、楽天経済圏の人は利用しやすいでしょう。

申込条件

・満20歳以上62歳以下
・パート・アルバイト・専業主婦は60歳以下
・国内居住
・安定した定期収入がある
・楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けられる

借入額

10~800万円まで ※10万円単位

金利

1.9%~14.5%

審査時間

融資スピード

使途

制限なし ※事業性資金は除く

担保・保証人

楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社

必要書類

本人確認は以下【1】【2】のいずれか
【1】以下のうち1点
・住民票の写し(原本)
・印鑑登録証明書(原本)

【2】以下のうち2点
・運転免許証の写し(裏面に変更情報がある場合は両面)
・健康保険証の写し
・パスポートの写し
・その他指定された書類

収入証明書は下記のうちいずれか1点の写し
会社員
・源泉徴収票
・課税(所得)証明書
・給与明細書

自営業
・課税(所得)証明書
・確定申告書

カードローンを利用する際に注意しておきたいポイント3選

カードローンを利用するときに、注意しておきたいポイントを3つ紹介していきます。

  1. 申し込み条件を確認する
  2. 金利を確認する
  3. 信用情報に残ると覚えておく

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1. 申し込み条件を確認する

カードローンの利用前には、必ず申し込み条件を確認しましょう。

借り入れ条件は、カード会社によって変わりますが、以下は挙げられることが多いです。

  • 毎月安定した収入が見込める
  • 勤続年数がある:最低でも数ヶ月。1年以上が望ましい。派遣・アルバイト・パート可
  • 今までに遅延や滞納がない:携帯電話・クレジットカードの支払い含む
  • 在籍確認がとれる
  • カードローン会社独自の基準をクリアしている

これらに加え、貸金業法では総量規制(年収の3分の1を超えて貸し付けすることはできないという制限)が定められています。

どれだけカードローン会社に貸し付け能力があっても、年収が300万円の人に対しては100万円までしか貸し付けられません。

これは、他社の借り入れも合計した額なので、必ず覚えておきましょう。

なお、自分の信用情報がどのような状態か心配な人は、信用情報機関(JICCCIC全国銀行個人信用情報センター)に照会してみましょう。

2. 金利を確認する

カードローンの利用前には、必ず金利を確認しましょう。

カードローンの金利は、利息制限法によって以下のように定められ、借り入れ金額が大きくなるほど下がる傾向にあります。

10万円未満

10~100万円未満

100万円以上

上限20%

上限18%

上限15%

参考:日本貸金業協会 上限金利について

つまり、50万円を3社から借りるよりも、150万円を1社から借り入れしたほうが、金利が安くなるといえますね。

ただし、借入期間が長いと、利息が高くなることがあるため注意が必要です。

まずは、カードローン会社のホームページから、返済額と期間をあわせてシミュレーションしてみましょう。

3. 信用情報に残ると覚えておく

カードローンの利用は、あなたの信用情報に残りますので、支払い遅延や滞納は避けましょう

信用情報に問題があると、今後の人生で車や家といったローンを組む際に、審査に影響するかもしれません。

ただし、借り入れすること自体が悪いわけではありません。借り入れをしても、きちんと返済すれば、あなたの信用度は上がるからです。

カードローンを利用する際は、計画的な借り入れと返済をしていきましょう。

ぜひ、この記事を参考に、希望の条件にあうカードローンを利用してみてくださいね!

-カードローン