SMBCモビットの審査の流れは?落ちる人の特徴4つと通過するコツ3つを徹底解説

「モビットの審査はどのように進むんだろう?」
「審査はすぐに終わる?」
「審査に通過するためのコツがあれば教えてほしい!」

SMBCモビットを始め、カードローンでお金を借りる際は審査に通過しなければいけません。
初めてカードローンを使ったり、他社から借り入れを請けていたりする場合に、しっかり審査に通るのか不安になりますよね。

この記事ではSMBCモビットで行われる審査について、以下の内容を解説しています。

  • SMBCモビットの審査の流れと必要な書類
  • SMBCモビットで審査を受けられる人の条件
  • 審査に落ちる人と通過しやすい人それぞれの特徴

記事で解説している内容を取り入れれば、SMBCモビットの審査に通過できる可能性が高まるはずです。過去にカードローンの審査に落ちた経験があるなどで借入できるか不安な方は、ぜひご一読ください。

SMBCモビットの審査の流れ・必要な書類について

SMBCモビットで行われる審査の流れと、必要な書類についてそれぞれ解説します。

審査の流れ

SMBCモビットに申し込んでから契約成立までの流れは以下の6ステップです。

  1. WEBもしくは電話で申込み
  2. 仮審査
  3. 書類提出
  4. 在籍確認
  5. 本審査
  6. 契約

利用者にとってはありがたいことに、SMBCモビットでは申込みから契約まで最短30分で完結します。そのため、すぐにでもお金が必要な人にとってはありがたいサービスと言えます。

審査に必要な書類

SMBCモビットの審査を受けるにあたって、本人確認書類および収入証明書類の提出が必要です。

本人確認書類収入証明書類
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・源泉徴収票
・税額通知書
・所得証明書
・確定申告書
・給与明細書

上記書類のうち、1種類ずつあれば審査を受けられます。ただし、写真がない本人確認書類では、追加で提出を求められるケースがあることを理解しておきましょう。

SMBCモビットの審査を受けられる3つの条件

SMBCモビットは誰でも借入ができるわけではなく、以下3つの条件を満たしている人だけが審査に進めます。

  1. 対象年齢は20~69歳
  2. 安定した収入がある
  3. 借入額が年収の3分の1未満である

1つずつ解説します。

1. 対象年齢は20~69歳

モビットの審査を受けられるのは20~69歳までと決められています。法律上では2022年4月から成人年齢が18歳に引き下げることになりましたが、SMBCモビットでは審査を受けられる下限年齢に変更はありません。18・19歳は引き続き対象外のため、理解しておきましょう。

また定年退職をした60歳以上の人でも、後述する他の条件を満たしていれば審査を受けられるため、ご安心ください。

2. 安定した収入がある

利用者本人に安定した収入があることも、審査を受ける条件の1つとなります。SMBCモビットが定義する「安定した収入」とは正社員である必要はなく、アルバイトなどの非正規労働者でも対象となります。

勤務形態に関係なく毎月お給料が振り込まれる仕事をしている人であれば、審査に通過できる見込みは十分にあるため、ぜひ申し込んでみてください。

3. 借入額が年収の3分の1未満である

法律で決められている「総量規制」により、借入可能額は年収の3分の1の範囲内であることも条件となります。
「年収の3分の1」はSMBCモビットに限らず、他社カードローンや消費者金融も含めた借入総額です

例えば年収が600万円の人がすでにA社で150万円を借りている場合、SMBCモビットでの借入可能額は下記の計算式より50万円までとなります。

「600万円×1/3-150万円=50万円」

すでに他社で借入がある人がSMBCモビットへ申し込む際は、借入希望額が総量規制を上回らないように気をつけましょう。

SMBCモビットの審査に落ちる人の特徴4つ

SMBCモビットではさまざまな条件を考慮して審査するため、落ちやすい人と通過しやすい人に分けられます。そこでここからは、SMBCモビットの審査に落ちる人の特徴を4つ紹介します。

  1. 申込内容に虚偽がある
  2. 収入が不安定である
  3. 他社での借り入れが多い
  4. 信用情報に傷がある

上記の特徴に心当たりがある人は、ぜひご一読ください。

1. 申込内容に虚偽がある

申込内容に虚偽が発覚した場合は審査に落とされるため、注意しましょう。SMBCモビットに申し込む際は、以下の情報を記入することになります。

  • 氏名
  • 住所・電話番号
  • 年齢
  • 国籍
  • 職業・勤務先
  • 年収
  • 最終学歴

氏名や住所の誤記入くらいであれば、再提出で済む可能性はあります。しかし勤務先や年収など、審査内容に直結する項目で虚偽が発覚すると、審査に落とされてしまうリスクが高くなります。

スムーズに審査を受けるためにも、申込書を記入した後に誤りがないことを確認してから、提出するようにしましょう。

2. 収入が不安定である

収入が不安定な人も審査に落とされやすい傾向にあります。アルバイトや派遣社員などの非正規雇用や個人事業主でも審査は受けられますが、正社員に比べると不利になってしまうことは否めません。

また正社員であっても前年度よりも年収が下がった場合も、通過する確率は低くなってしまうでしょう。収入はすぐに改善できる部分ではありませんが、心当たりのある人は審査落ちのリスクがあることだけは理解しておきましょう。

3. 他社での借り入れが多い

カードローンなどの貸金業者から借りられる金額は、総量規制により年収の3分の1以内と決められていることから、すでに他社で借りている人はそうでない人に比べて不利になりがちです。
すでに他社から借り入れている方は、現時点の借入額の合計と総量規制の差額に基づいて、借入希望額を提出しましょう。

少額であれば他社からお金を借りている場合でも、審査に通過する可能性は十分にあります。

4. 信用情報に傷がある

信用情報に傷がある人は審査落ちのリスクが大幅に高まってしまいます。カードローンや消費者金融でお金を借りるときは、信用情報機関に登録されている利用者の情報も判断材料にしています。

信用情報機関に登録されている情報に「傷」がついてしまうと借入審査に通りにくくなったり、クレジットカードの発行が難しくなったりします。ちなみに信用情報に傷がつくケースは以下の通りです。

  • クレジットカードや他社カードローンの返済を遅延したことがある
  • 直近5年以内に債務整理や個人破産をした
  • 代位弁済が行われる

上記のいずれかに心当たりがある人は、審査に通過するのはかなり難しいでしょう。

SMBCモビットの審査に通過する3つのコツ

SMBCモビットの審査は、申込者の状況によっては落とされることがあります。しかし以下の方法を取り入れれば、SMBCモビットの審査に通過できる確率を少しでも上げられます。

  1. 申込みは1社に絞る
  2. 借りる金額を少なめにする
  3. 他社での借り入れがある人は返済に遅れない

1つずつ解説します。

1. 申込みは1社に絞る

SMBCモビット以外のカードローンや消費者金融に同時に申し込むと、審査に落とされるリスクが上がってしまう恐れがあります
カードローン会社は借入希望者からの申込みがあった際に、その人の消費者金融の申込み履歴などが記録されている信用情報機関に照会できます。

信用情報機関へ照会したときに申込み履歴が多いことがわかってしまうと、担当者の印象が悪くなってしまうため、落とされる確率が高まるでしょう。信用情報機関への照会はすべての貸金業者が行っているため、複数社に申し込んだとしても全滅してしまうかもしれません。

SMBCモビットに申し込む際はそこ以外の審査は受けないようにするのが、通過するためのコツです。

2. 借りる金額を少なめにする

SMBCモビットでの借入希望額が多いほど審査のハードルが上がるため、最初は少額で申し込むのがおすすめです。多額の借入は基本的に、貸金業者への信用度を積み上げた利用者に対してようやく検討されるものです。

SMBCモビットで多額の借入をしたい場合は最初に少額を借りて、期日に遅れずに返済することから始めましょう。

3. 他社での借り入れがある人は返済に遅れない

すでに他社での借入がある人は、返済に遅れないように気をつけましょう。返済に遅れてしまうと信用情報に傷がつく恐れがあるため、SMBCモビットでの借入審査で不利に働いてしまいます。

なお、期日に遅れることなく返済していれば、利用中の消費者金融から追加で借入を受けられる可能性があるため、SMBCモビットに申し込まずに済むこともあります。

他社ですでに借入がある人は今後お金を追加で借りることを見据えて、絶対に返済に遅れないようにしましょう。

SMBCモビットについてのよくある質問

ここからはSMBCモビットについてよくある質問に回答していきます。

  • 夫の扶養に入っている主婦でも審査を受けられる?
  • 審査を途中でキャンセルできる?
  • 借り入れを増額する時も審査が入る?

気になる項目がありましたら、ぜひご参考ください。

Q. 夫の扶養に入っている主婦でも審査を受けられる?

パート主婦であれば収入に応じた借入ができますが、専業主婦の場合は原則として不可となります。SMBCモビットでは「配偶者貸付」制度を設けていないため、収入ゼロの主婦は借りられません。配偶者貸付とは、利用者と配偶者の合計年収の3分の1まで借入ができる制度のことです。

専業主婦の人がSMBCモビットで借入したい場合は、パートなどで働いて収入を得ることから始めなければいけません。

また、パート主婦の方でも自身の収入以上の借入をしたい場合は「配偶者貸付」制度があるカードローンおよび消費者金融を利用するのがおすすめです。

Q. 審査を途中でキャンセルできる?

審査途中でもキャンセルできるかどうかは、問い合わせが必要となります。キャンセルしたい場合はSMBCモビットのフリーコールから電話を入れて、担当者に相談してみましょう。

ただし、審査中にキャンセルできなかったとしても完了後に契約を結ぶ必要はないため「申し込んだけどやっぱり借入はいいや」という場合は、その旨を伝えるようにしてください。

Q. 借り入れを増額する時も審査が入る?

SMBCモビットで借入を増額してもらう時も審査が必要になります。増額審査を受けられるのは一定以上の返済実績がある場合に限られます。

増額審査では収入証明書を新たに提出する必要があるため、前もって準備しておきましょう。なお、初回提出時よりも収入が上がっている場合は、増額審査に通りやすくなります。

ポイントを押さえればSMBCモビットの審査は通過できる

SMBCモビットで借入をする際は審査を受けなければいけませんが、ポイントを押さえれば通過する可能性は十分にあります。SMBCモビットの審査に通過するか不安な方は、以下のポイントに気をつけましょう。

  • 申込書に記入する情報に誤りがないことを確認する
  • 借入希望額を少額にして申し込む
  • 他社からの借り入れの返済に遅れない

また過去にSMBCモビットの審査に落ちてしまったとしても、状況を整えて再度申込みをすれば、通過できる可能性は十分にあります。ぜひこの記事を参考にして、SMBCモビットの審査を受けてみてください。

-カードローン