【真相と対策】プロミスはブラックリストに載っていても審査に通る?

「プロミスはブラックリストに載っていても審査に通る」という口コミや「ブラックリスト状態ではどのローン審査も通過しない」という相反する意見がネット上で散見されています。

  • プロミスのカードローン審査はブラックリスト入りしていても通るのか
  • 自分がブラックリストに載っているか確認する方法
  • ブラックリストに載っている人が金融機関でお金を借りる方法

上記のような疑問や情報についても紹介しますので、自分がブラックリストに載っている人や載っているか不安な人はぜひチェックしてみてください。

ブラックリストに載ってしまうとプロミスの審査通過は難しい

結論からいうと、プロミスの審査はブラックリストに載っている状態では通過できません

ローンやキャッシング、クレジットカードは、信用がないと利用できないためです。ローンにおける信用とは、借りたお金を約束通り返す意志や返済能力のことを指します。

プロミスなどの大手消費者金融が、審査の際に最も重視しているのが「申し込んだ人の信用情報」です。ブラックリストに載っている人は、この信用情報にキズが付いていることになるため、審査に落ちてしまう可能性が高いでしょう。

そもそもブラックリストって?ブラックリストの定義と主な要因

「ブラックリスト」とは、個人の信用情報を管理する「信用情報機関」に金融事故・遅延情報が登録されている状態のことです。実際にブラックリストというものが存在する訳ではなく、過去の金融商品利用時に問題を起こしてしまった人のことを「ブラックリストに載る」「ブラックリスト入りする」などといいます。

ブラックリストに載ってしまう主な原因は、以下のとおりです。

  • 融資返済の延滞など、返済に著しい遅れがある
  • カードローンなどの審査落ちを繰り返している(申し込みブラック)
  • 自己破産・個人再生など、債務整理の経歴がある

申し込みブラックとは、短期間で複数のカードローンなどの審査に申し込む・または審査落ちを繰り返している状態のことです。「手当たり次第に借りようとしている=返済能力が低い」と判断され、審査に通りにくくなってしまいます。

これらの項目は、プロミスのパンフレットに掲載されている「借り入れ中の利用制限対象」

となる項目とも一致しています。このことからも、ブラックリストに載っている状態で新たに借り入れすることは難しいといえるでしょう。

ブラックリストに載っているか確認する方法

では、自分がブラックリストに載っているかどうか、どうやって確認すればいいのでしょうか。確認方法が分からず、「ブラックリストに載ってしまったかも」と思い込んでいる人も多いかもしれません。

ブラックリストに載っているかどうかは、個人の信用情報を管理する「信用情報機関」に問い合わせることで確認可能です。信用情報機関では、個人情報や金融商品などの取引情報が記録・管理されており、ローンなどの借り入れ審査時に参照されています。

プロミスが加盟している信用情報機関は、「株式会社日本信用情報機構(JICC)」と、「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」の2つです。

信用情報の照会申請は、ネット・郵送・窓口の3つの方法から選択できます。照会時には、本人確認書類や手数料(500円〜1000円)がかかるので、事前に用意しておきましょう

ローンの借り入れ審査に何度も落ちてしまうと「申し込みブラック」になってしまう恐れがあります。自分の信用情報に不安がある人は、借り入れ前に一度、現状把握しておくことをおすすめします。

プロミスなどの消費者金融の審査基準とは

プロミスなどの大手消費者金融の審査は、信用情報だけを判断材料にしている訳ではありません。そのため「ブラックリストに載っていなかったのに、融資を断られた」というケースも発生します。

カードローンの審査で最も重視されるのは、「返済能力の有無」です。貸したお金が返済されず、回収できなくなる「貸し倒れ」のリスクを避けるためにも、消費者に返済能力があるかどうかを審査で多角的にチェックする必要があります。

さらに、消費者金融は「貸金業法」に基づいて営業しているため、借り手の返済能力を超えて貸付できません。年収の3分の1以上の貸付を禁止する「総量規制」があるためです。

カードローンの詳しい審査項目は、各消費者金融によって異なります。これが「〇〇社では審査に通らなかったけれど、△△社では通った」という口コミの理由です。ここからは、消費者金融の審査基準について詳しくみていきましょう。

プロミスの審査で重視される項目

一般的なカードローンの審査基準のほかに、プロミスの審査で重視される項目は何かあるのでしょうか。プロミスのカードローン審査の申し込み条件には、以下の2つがあります。

  • 年齢が18~69歳である(高校生不可)
  • 本人に安定した収入がある

プロミスの審査の基準は、収入が安定していることです。これは「一定期間以上の勤続年数があり、毎月一定の収入見込み額がある」という意味です。

勤続年数が長ければ、今後も仕事を辞める可能性が低いと判断されるため、審査時に有利だといわれています。反対に、短期間で転職を繰り返している場合は不安定と判断されてしまうこともあるようです。

また審査では、雇用形態よりも毎月の収入が安定して見込めるかどうかが重視されます。そのため、雇用形態の制限はありません。正社員でなくても、アルバイト・パートで収入を得ているなら申し込み資格があります。

一方、職に就いていても、自営業や日雇いなど収入が不安定なケースだと、審査では不利になるかもしれません。さらに、安定した収入がある人でも、支出が多すぎる場合は貸し倒れリスクがあると判断されてしまいます。

一般的な大手消費者金融の審査基準と審査落ちになる理由

プロミスなどの大手消費者金融の借り入れ審査に通過しない条件には、以下のような項目が挙げられます。

  • 無職である
  • 20歳未満である、または70歳以上である
  • 申告内容(個人情報など)に虚偽がある
  • 総量規制に引っかかっている
  • 同時に複数社から借り入れしている
  • 短期間に何件も審査に申し込んだ・審査に落ちている
  • ローンやカードの支払いを延滞している
  • 信用情報に問題がある(債務整理・強制解約の経歴など)

まず、カードローンの審査に受かるには、申し込み条件をクリアしなければなりません。安定した収入があること・年齢の条件を満たしていることが大前提となります。

また、審査では申し込み内容の事実確認をおこないます。たとえ故意でなかったとしても、内容に虚偽や誤りがあった場合、発覚した時点で審査対象外となるので注意しましょう。

信用情報に関しては、他社の借り入れ状況や収支のバランスなども加味したうえで、その人に返済能力があるかどうかをチェックしています。ブラックリストに載っている状態は返済能力が乏しいと判断され、審査落ちになる可能性が高いでしょう。

ブラックリストに載ってしまった人がプロミスなどの金融機関でお金を借りるには

「ブラックリストに載ってしまうと、基本的には新たな借り入れができない」と言われます。実際にブラックリストに載ってしまったら、プロミスなどの金融機関でお金を借りることはできないのでしょうか?

最後に、ブラックリストに載ってしまった人が、金融機関でお金を借りる方法について紹介します。間違った情報や甘い言葉に惑わされると、借りたお金が返せなくなり、多重債務を引き起こしてしまいます。

多重債務とは、現在抱えている借金を返済するために、他の金融業者からもさらに借り入れをしてしまい、それを繰り返してしまうことです。多重債務状態に陥ってしまうと、借金地獄から抜け出せなくなる可能性も。

そうならないためにも、どうしたら安全にお金を借りられるのか、審査に通りやすくするにはどうしたらいいのかをしっかり把握して覚えておきましょう。

ブラックリストは一生ではない

実は、ブラックリストは一生残るものではありません。ブラックリストの対象である金融事故情報は、一定期間が経つと削除される仕組みになっているためです。プロミスが登録している信用情報機関の事故情報掲載期間の目安は以下のとおりです。

 

JICC

CIC

申込内容

照会日から6か月間

照会日から6か月間

契約内容

契約終了後5年間

契約終了後5年間

返済状況

完済後5年間

(延滞情報は解消後1年間)

完済後5年間

取引事実

(債務整理・強制解約等)

発生日から5年間

記載なし

出典:JICC公式サイト「信用情報について」

CIC公式サイト「CICが保有する信用情報」

この期間が経過すれば、信用情報機関に登録された事故情報は抹消されます。「ブラックリストに載っていてもプロミスの審査に通った」という口コミは、事故情報が消去された状態で審査を受けた可能性があります。

しかし、借入先の金融機関やグループ会社の情報には「社内ブラック」として半永久的に残ってしまう可能性もあることは覚えておいてください。

もしプロミスのローンを利用して延滞などの金融事故を起こした場合、その情報は顧客情報として社内に記録・保有されることとなります。

会社の立場からすれば「一度金融事故を起こした人に再度融資するのは避けたい」と考えるのは当然です。そのため、信用情報機関の事故情報に関係なく、過去に金融事故を起こした会社からは融資を受けられない傾向があることを「社内ブラック」と呼びます。

中小消費者金融ならブラックでも借り入れ可能なケースも

一般的に、ブラックリストに載っている状態で借り入れできる消費者金融はないといわれています。しかし、中小企業の消費者金融の中には柔軟に対応してくれ、ブラック状態であっても、その程度によっては融資をしてもらえる場合があります。

  • 現在は安定した収入がある
  • 申し込みブラックから半年が経過している
  • 過去に金融事故を起こしたが、現在は借り入れがない

上記のように「現在はきちんとした返済能力が見込める」と判断されれば、借り入れできる可能性があるのです。ブラックリストに載っていても、返済完了の実績と安定した収入がある場合は、中小消費者金融の融資が受けられるかもしれません

しかし、中小企業であっても貸金業として営業する以上は、貸金業法に基づいた運営が求められます。総量規制に引っかかるなど、法律上の問題で融資できない場合は、もちろん審査には通りません。

中小消費者金融のローン審査に通りたいなら、事故情報を少しでも軽減しておくことをおすすめします。

  • 安定した職に就き勤続年数を増やす
  • 総量規制内に借入金額を収める
  • 延滞金をすべてて返済する

完全なブラックリスト状態では、中小企業であっても審査に通らないという事実は変わりません。現在は返済能力がある、返済の意志があるという姿勢や事実が必要になるため、信用情報が少しでもクリアになるよう努力しましょう。

甘い罠・闇金融には十分注意しよう

消費者金融から借り入れができなかったとしても、闇金業者や違法な貸金会社から借り入れするのは避けてください。高額な利息や手数料を請求され、最終的に多重債務に陥ってしまう危険があります。

金銭の貸付をおこなう場合、国や都道府県への届け出が必要とされており、すべての貸金業者には貸金業法に基づいた運営が求められています。貸金業法は多重債務を防止し、借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために作られた法律です。

そのため「審査基準が甘い」という消費者金融はありません。もし自ら公言している業者がいるとすれば、貸金業法に反して営業している違法業者の可能性があります。

また、近年ではネットの普及によって、個人間融資を取り扱う業者も急増しています。個人間融資は国などに届け出せず貸金業をおこなっていることもあり、法外な請求をされる危険性があるので利用しないようにしましょう。

「債務が多くても借りられる」「スーパーブラックでも歓迎」などの甘い文言に騙されないように注意してください。

まとめ

この記事では、プロミスのカードローンの審査基準や、ブラックリストに載ってしまった人が金融機関でお金を借りる方法について解説しました。

一度ブラックリストに載ってしまったら、二度と融資してもらえないという訳ではありません。事故情報が抹消されるタイミングに合わせて申し込めば、審査がスムーズに進む可能性があります。プロミスの審査に通るか不安な人は、自分の信用情報を把握することから始めましょう。

-カードローン