カードローンは家族にバレない?原因と回避する方法

想定外の出費や重なる支払いにより、カードローンの利用を考える方がいるでしょう。しかし「お金に困っていると思われたくない…」という理由から、家族にバレないように借りたいと思うかもしれません。

ここでは家族への発覚を防ぐために、カードローン利用がバレる原因や対策、おすすめのカード会社を紹介します。カード選びに迷ったら、判断材料として役立ててください。

カードローンが家族にバレる原因とは?

カードローンが家族にバレる原因として、下記の4つが挙げられます。

・在籍確認の電話

・滞納に対する催促

・郵便物

・利用明細

自分宛ての郵便物を家族が先に開封してしまったり、電話に対応してしまったりなどのシチュエーションで発覚するケースがあります。業者からの連絡は、在籍確認や滞納による催促電話をするためにかかってくるでしょう。

またATMで借入や返済をした場合、利用明細が発行されます。利用明細を誤って家族の目に触れるところに置いておくと、カード会社の商号や金額からバレてしまう可能性大です。

家族にバレないようにカードローンを利用するコツ4つ

カードローン利用を家族にバレないようにするには、いくつかのコツがあります。

電話による在籍確認を避ける

カードローンに申し込むと、携帯電話や職場に在籍確認の連絡を受けることがあります。そのため自分以外の者が対応して、発覚する恐れがあるでしょう。

<対策>

電話ではなく書類による在籍確認が可能か確かめる

いつ在籍確認の連絡を受けるか、カードローンの担当者とすり合わせしておく

(都合の良い日時を伝える)

Web上で取引を完結させる

ATMで借入・返済すると利用明細が発行されるため、他人の目に触れて発覚する恐れがあります。

<対策>

・カードローンのお申込み時に、Web上での取引が可能か確認する

・申し込み~借入・返済までWebで完結させる

Webで完結できれば、ATM利用中の姿を誰かに見られて、バレるリスクも軽減できます。さらにATMへ足を運ぶ必要もないため、便利です。

「郵送物なし」を選択する

必要書類や利用明細が自宅に届くと、カードローン利用がバレてしまうかもしれません。

<対策>

郵便物なしで利用する際は、以下の方法で申し込みや取引する

・Web完結のカードローン

・カードレス利用

・自動契約機でカード発行

(タッチパネルを操作し、必要書類の提出や審査、契約手続きができる)

カードレスもしくは既存の銀行系カードと連携

カードを所持していると、ふとしたときに見られて発覚してしまう恐れがあります。

<対策>

・スマホアプリに対応している場合、借入や返済をカードレスで取引する

・キャッシュカードだと分かりにくいカード会社を選ぶ(例:銀行系カードと連携しているタイプ)

カードレスだと、自宅にカードが届いて慌てることもないため、おすすめです。

無理のない返済計画を立てる

返済を延納・滞納すると、催促の連絡がくるようになります。月々の返済に追われて頭を抱えないためにも、無理のない返済計画を立てるようにしましょう。

<対策>

・借入残高を把握しておく

・完済時期を設定し、毎月の返済額を確認する

・現在の収入や支出に考慮して借入する

・確実に捻出できる返済額を試算する

家族にバレないようにお金を借りたい!カードローン5選

どのカードローンに申し込もうか迷っている方に向けて、おすすめのカード会社を5社紹介します。各カードローンの特徴についてまとめたので、ぜひご覧ください。

アイフル

アイフルは「価格.comカードローンカテゴリ」人気ランキング2021年上半期総合第1位を取得しています。知名度も高い上に、支持を得ていると分かります。

<アイフルの特徴>

・カードレスで利用可能(スマホ一つで取引できる)

・Web完結で郵便物一切なし

・原則電話による在籍確認を回避できる

Web申込なら最短25分融資も可能
※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

・金利:年3.0%~18.0%(実質年率)

SMBCモビット

安心感とスピードを重視しているのが、SMBCモビットです。ネット申し込み後、コールセンターに電話すると、すぐに審査を開始します。お手続き完了後、最短3分でお客さまの口座に振り込まれます。

<SMBCモビットの特徴>

・Web完結なら職場への電話や郵送なし

(三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行が対象)

・セブン銀行ATMならスマホのアプリだけで入出金可能

・金利:年3.0%~18.0%(実質年率)

プロミス

プロミスは「はじめて利用者の満足度第1位」に選ばれています(2022年オリコン顧客満足度Ⓡ調査ノンバンクカードローン初回利用)。利用条件によって書類のみの在籍確認で済みます。お申込み時に電話連絡の有無を確認しておくと、前もって対応しやすいでしょう。

<プロミスの特徴>

・書類提出による在籍確認ができる可能性あり

Web完結で申込可能(カードレス・郵送物なし)

・審査時間が最短で30分

・金利:4.5%~17.8%(実質年利)

アコム

アコムでは、融資まで最短30分を謳っています。お急ぎで借入したい方向きのカードローン会社です。アプリやWeb完結の申し込みにも対応しており、郵送物をカットできます。また電話での在籍確認は、個人名を名乗りプライバシーに配慮しています。

<アコムの特徴>

・在籍確認の担当者を女性か男性か選べる

・カード郵送の場合はアコムではなく「ACサービスセンター」で送付

スマホだけで申し込み可能!(契約内容をメールで確認)

・借入可能か分かる3秒診断(年齢・年収・他社での借入額を入力)

・カードレスでの契約手続きが可能

ネットやATMから24時間、借入・返済が可能

(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、ファミリーマートなどのATMにて)

・金利:3.0%~18.0%

レイクALSA

レイクALSAは、はじめての利用者に60日間の利息0円(Web申し込み限定)で提供しています。「審査結果のお知らせ時間」内であれば、最短15秒で審査結果を表示しているのがポイントです。

<レイクALSAの特徴>

・在籍確認の電話は個人名でかけてプライバシーに配慮

お申込みからお借入れまでWebで最短60分融資

・本人確認はスマホで完了

・契約書面をダウンロードできる

・セブン銀行ATMだとカードレスで借入・返済可能

・Web完結でカードレス&郵送物なし

・アプリなら24時間お手続き可能

家族にバレないようにカードローン申し込み3ステップと必要書類

「カードローンの発行を考えているけど、家族にバレないか心配…」という方のために、お申込み~ご利用までの流れを紹介します。家族への発覚を防ぐポイントも述べているので、ぜひお役立てください。

主な必要書類を確認しよう

カードローンの発行で必要な書類は、主に「本人確認書類」から1点と「収入証明書」から1点です。一般的に提示できる書類の種類は、下記の通りです。

【本人確認書類】

・運転免許証

・健康保険証

・個人番号カード

・住民票の写し

・パスポート

・在留カード・特別永住者証明書

【収入証明書】

・源泉徴収票

・確定申告書

・課税証明書

・給与明細書

・納税通知書

ただし、カード会社によって追加で求められる書類があるかもしれないので、事前に確認しておきましょう。

ステップ1:Webからカードローンの申し込みを!

Web上で申し込めるカード会社が複数あります。店舗や自動契約機まで出向かずに済むため、第三者に見られるリスクを軽減できるでしょう。

公式サイトのお申込みフォームで、必要事項を入力すると申し込めるようになっています。アプリで申し込める場合もあるので、チェックしてみてください。

ステップ2:在籍確認に対応

一般的に在籍確認は、申告した勤務先に電話がかかってきます。ただし提出した書類のみで在籍確認をして、原則電話のないケースもあるのです。申込時に「電話による在籍確認」の有無を確かめておくと良いでしょう。

また勤務先への電話連絡を受けた場合でも、会社名ではなく「個人名」を名乗ってプライバシーに配慮していることも多くあります。落ち着いて対応して、審査の結果を待ちましょう。

ステップ3:審査結果の連絡を待つ

カードローンの審査時間は、提供している会社によって異なります。公式サイトで、審査にかかるおおよその時間をチェックしておくと安心です。

審査結果の通知方法は、メールや電話で行われます。電話連絡を避けたい場合は、Web完結で申し込めるカードローン会社を検討するのも方法の一つです。

ステップ4:Web上で契約して郵送物をカット

契約手続きをWebで済ませると、自宅に届く「契約書」や「ローンカード」をカットできる場合があります。

・カードレスを選択する

・自動契約機で受け取る

など、上記の方法にすれば自宅に届くことはありません。

ステップ5:Web明細サービスを利用する

借入や返済のたびに利用明細書を発行すると、第三者に見られる可能性が高まります。利用明細書の発行や郵送サービスを利用せずに、Web明細を選択すると良いでしょう。

以下では、一般的なWeb明細サービス利用の流れを紹介します。

<Web明細の流れ>

1.会員ページへログイン

2.Web明細サービスを選択

3.案内に沿って手続きを進める

4.登録完了

消費者金融カードローンと銀行カードローンだと家族にバレないのはどっち?

カードローンには消費者金融のカードローンと、銀行カードローンがあります。それぞれ電話による在籍確認の有無や郵便物カット、カードレス対応の有無についてまとめました。

 

在籍確認

郵便物カット

カードレス

消費者金融のカードローン

電話連絡を避けられる可能性あり

Web完結や自動契約機の利用で郵便物をカットできる可能性あり

契約時にカードレスを選択できるカード会社あり

銀行カードローン

原則、電話連絡あり

インターネットバンキング利用可、ただしキャッシングカードを発行するのが一般的

※上記は一般的なケースを想定しています。詳しくは各公式サイトより、ご確認ください。

消費者金融は電話連絡による在籍確認を避けられる可能性があるため、バレにくいでしょう。また銀行カードローンはキャッシングカードの発行が一般的なため、カード所持による発覚のリスクが高まります。

まとめ

家族にバレないようにカードローンを利用するには、Web完結の申し込みや郵便物カット、カードレスがおすすめです。またカード会社によっては、在籍確認を書類のみで済ませるケースも。電話連絡を受けたくない方は、各公式サイトで在籍確認の方法をチェックしてみてください。

-カードローン