ブラックリストに載ってもアコムで借りられる?審査方法や気を付けるべきポイントを解説

「アコムはブラックでも借入審査が通る?」

「ブラックだけどアコムでお金を借りる方法が知りたい」

「ブラックになったらずっとアコムから借りられなくなるの?」

アコムを含めた消費者金融からお金を借りたいとき、ブラックリストに載っていても借りられるのかどうか気になりますよね。ブラックリストは借入審査の際に重要な判断材料となっています。

この記事では、ブラックリストとは何なのか、ブラックリストになる基準と解決方法を解説しています。アコムの審査ポイントと申し込みブラックについても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ブラックだとアコムで借りるのは難しい

ブラックリストに載っているとアコムでお金を借りるのは、ほぼ不可能です。

これはアコムに限らず、ほとんどの金融機関に当てはまります。アコムだから、と特別に審査が甘いこともありません。

もし、ブラックでもお金が借りられた!という状況があったならば、それは恐らく自分をブラックだと思い込んでいた可能性があります。また、過去にブラックだったけど、今はブラックから抜け出せているのかもしれません。

ブラックリストとは厳密にいうと、「金融においての事故情報」が「信用情報機関に登録される状況」のことです。実際に「ブラックリスト」という名のリストがあるわけではないので、覚えておきましょう。

ブラックとはどういう状態?

俗にいう「ブラック」、「ブラックリストに載る」とは、信用情報機関に事故情報が載っている状態のことを指します。

ここでいう事故情報とは、お金に関するネガティブな情報です。たとえば「ローンの返済を61日以上延滞した」、「自己破産した」といった延滞情報や異動情報を、まとめて事故情報といいます。

このようなお金に関するネガティブな事柄が起きた際に、「ブラックリスト」と呼ばれる事故情報が登録された状態になり、「ブラック」になるのです。

事故情報が載ったブラックリストは、信用情報機関が管理しており、日本では3か所存在しています。

  • 日本信用情報機構(JICC)
  • シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行信用情報センター(KSC)

それぞれ金融事故情報を管理していますが、管理内容が異なります。各信用情報機関について以下の表にまとめました。

信用情報機関名

主な加盟機関

管理している金融事故内容

日本信用情報機構(JICC)

消費者金融

キャッシング全般

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

クレジットカード会社、携帯電話会社

クレジットカード全般、携帯端末の分割払い

全国銀行協会(JBA)

銀行、信用金庫

カードローン、住宅ローン

出典:日本信用情報機構公式サイト「加盟会員一覧」「登録内容と登録期間」

株式会社CIC公式サイト「加盟会員検索」「CICが保有する信用情報」

全国銀行協会公式サイト「センター会員一覧」「センターの概要」

 

当然、アコムも信用情報機関に加盟しています。アコムに限らず消費者金融からお金を借りるときは、申し込み時の審査でブラックリストに載っていないかチェックされます

ちなみに、「ブラックだからアコムでお金が借りられない」状態は、「アコムが加盟している信用情報機関に事故情報が載っているため、お金を貸せないと判断した」ということです。

ブラックでもアコムでお金を借りるには

前述のように、ブラックのままだとアコムからお金を借りることはできません。しかし裏を返せば、ブラックリストから事故情報がなくなれば、アコムからお金を借りられる可能性が高まります。

では、事故情報はどういったもので、いつまで記録されているのでしょうか?

実をいうと、金融の事故情報は永遠に記録が残るものではありません。一定期間経てば、情報は消されるような仕組みになっています。

以下の表に、事故情報として載る主な条件をまとめました。

長期間の延滞

支払日から2か月〜3か月未納状態

代位弁済

クレジットカードやローンの支払いを保証会社が肩代わりして返済

強制解約

長期間滞納し続け強制的に解除

債務整理

任意整理、個人再生、自己破産のいずれか

 

上記のような金融事故が発生した場合、各信用情報機関のブラックリストの対象になります。ただし、上記の条件以外でもブラックリストに載る可能性のあることに、注意しましょう。

続いて、各事故情報が信用情報機関に登録されている期間をまとめました。

 

 

長期間の延滞

代位弁済

強制解約

債務整理

日本信用情報機構(JICC)

延滞を解消した日から5年

5年

5年

5年

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

延滞を解消した日から5年

5年

5年

5年

全国銀行協会(JBA)

5年

5年

5年

5〜10年

出典:日本信用情報機構公式サイト「登録内容と登録期間」

株式会社CIC公式サイト「CICが保有する信用情報」

全国銀行協会公式サイト「センターの概要」

 

事故情報や信用情報機関によって異なり、およそ5年で事故情報が消えるようになっています。

ブラックリストに載っている間はお金を借りられませんが、信用情報機関から事故情報が消えた際には、アコムからお金を借りられる可能性があるといえます。

アコムでお金を借りられる条件

晴れてブラックリストから情報が消えた後に再びアコムから借りる場合、どのような条件をクリアしなければならないのでしょうか?

アコムに借入を申し込みする際、返済能力の有無などを判断するために必ず審査があります。アコムは審査方法を詳しく公開していないため、ここでは一般的な審査方法を解説します。

ブラックリストに履歴が残っているか

ローンの申し込みやクレジットカードを作る際、ブラックリストをチェックします。ブラックリストに事故情報の履歴が残っている場合、通常は審査を通過することはないと言えます。

理由は先ほどからお伝えしているとおりです。事故情報の履歴が消えずに残っているのは、なんらかの金融事故があり、まだ一定期間が経っていない状態です。事故情報が消えない限りは、審査に通らないと理解しておきましょう。

なお、申し込み時点で事故情報が残っているかどうかは、各信用情報機関へ情報開示を求めれば自分でも確認できます。開示請求するために以下のものを準備しましょう。

  • 本人確認書類や必要申込書
  • 手数料

本人確認書類として、顔写真付きの身分証や戸籍謄本など現住所を確認できる書類が必要となります。手数料は開示請求の方法によって異なりますが、およそ500円〜1000円です。準備ができたら、郵送もしくはインターネットから開示請求をしましょう。

なお、申し込み先の金融機関によっては複数の情報機関に加盟している場合もあります。念のために、前もって3か所とも開示請求をして確認しておきましょう。

職場への在籍確認

カードローンの審査時には、職場への在籍確認を実施します

在籍確認とは文字通り、申告した職場で実際に働いているかを確認する手段で、一般的には直接会社への電話でおこなわれます。

在籍確認される理由は、本人確認のためや申告事項に嘘がないかを見極めるためです。なかには借入審査を通過するために、都合よく嘘の申告をする人もいます。そういった不正を防ぐためにも、在籍確認が実施されているのです。

在籍確認の電話で聞かれるのは、本人かどうかの簡単な質問だけです。

フルネームや生年月日を聞かれる程度で終わることが多いでしょう。実際にその職場での業務内容や勤続年数などは申し込み時に記載しているので、在籍確認で聞かれることはほとんどありません。

年収と借入金額のバランス

借入希望金額と年収のバランスは、返済能力を審査するにあたって重要な条件です。あくまで完済してもらうのが前提ですから、年収より多い金額の借入や不自然な金額の借入だと返済能力が疑わしくなります。

また、他社の借入状況も審査のうえで大切な判断基準です。アコムなどの消費者金融のカードローンは「1人に対して貸してもいい上限金額」が決まっています。なぜなら、貸金業法で「年収の3分の1まで」と定められているためです。そのため、他社の借入状況を加味し、年収に対して適切な借入かを判断しているのです。

アコムと一緒に複数へ同時申込すると申込ブラックになる場合も

世間では「ブラックに載る」というと、先ほどからお伝えしている「使用情報機関に金融の事故情報が登録されている状態」を指します。しかし、もう一つ「申し込みブラック」についても知っておく必要があるでしょう。

申し込みブラックとは、複数の金融機関に借入を申し込みしすぎて審査に通りづらくなる状態のことです。お金を借りる以前の話ですが、ブラックリストのように借入が難しい状況になります。申し込みブラックになると、どのような影響があるのかを解説します。

申し込みブラックのデメリット

申し込みブラックになると、残念ながらデメリットしかありません。

たとえば、以下のようなデメリットが考えられます。

  • 多重債務や犯罪を疑われて審査が通りづらい
  • 信用情報機関に申し込み情報が登録されてしまう

申し込みブラックは短い間に複数社に借入やクレジットカードの申し込んだことが原因でなるものです。その結果、多重債務の可能性が疑われ、審査に大きく影響します。

「それだけ短期間に申し込むのは、かなりお金に困っているのではないか」、「貸しても返済されないかもしれない」とアコムに判断されてしまうからです。

また、マネーロンダリングなどの犯罪に利用されるかもと判断される可能性もあります。「複数社からお金を用意して、何か悪いことをたくらんでいるのか」と疑われる場合もあるのです。

さらに申し込みブラックはブラックリスト同様、信用情報機関に登録されます。この場合は、単に「申し込みした」という情報が記録されるだけですが、複数あると申し込みブラックと判断される要素となるのです。

いずれにせよ、申し込みブラックになると信用がなくなり、審査に通りづらいといった状況になるのは間違いありません。

申し込みブラックを避けるためのポイント

申し込みブラックを避けるためには、何より短期間で借入やクレジットカードを複数申し込まないことです。

こういった申し込み情報は信用情報機関に登録され、6か月〜1年ほど記録が残ります。各信用情報機関の申し込み情報機関は以下のとおりです。

信用情報機関名

申し込み情報の記録期間

日本信用情報機構(JICC)

6か月

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

6か月

全国銀行信用情報センター(KSC)

1年

出典:日本信用情報機構公式サイト「登録内容と登録期間」

株式会社CIC公式サイト「CICが保有する信用情報」

全国銀行信用情報センター公式サイト「センターの概要」

 

記録が多く残っているとデメリットにあげたような疑いがかかり、申し込みブラックとなってしまいます。

つまり、申し込みブラックにならないためには、審査が終わるのを待たずに次々と申し込みをしないことが1番大切なポイントです。

まとめ

ブラックリストとは、金融事故情報が信用情報機関に登録されていることで、そのままではアコムで借入することはできません。

実は、ブラックリストは5年〜10年で削除されるので、その後にあらためて借入申込をすると審査を通過できる可能性があります。

また、アコム以外にも短期間で申し込みしていると申し込みブラックになっている場合もあります。そうならないよう、十分に理解しておきましょう。

-カードローン