【反面教師】FX初心者によくある失敗例9選!8つのポイントや会社の選び方を解説

「FX初心者は失敗する?」
「失敗例が知りたい」
「失敗しないためのコツは?」

これからFXを始めようと考える人にとって、失敗はとても怖いものでしょう。具体的にどんなFXでの失敗例があるのかを知ることで、リスクを回避する対策ができます。

そこでこちらの記事では、以下の内容について解説していきます。

  • FX初心者によくある失敗例
  • FX初心者が投資を行うときのポイント
  • FX会社の選び方

失敗例から学べることがたくさんあります。これからFX投資を始めようと考える方は、ぜひ参考にしてみてください。

FX初心者によくある失敗例9選

FX初心者によくある失敗例を9つ紹介します。

  1. レバレッジをかけすぎて大損する
  2. 余剰金以外もFXに使い資産を失う
  3. 多くの通貨ペアに手を出して管理しきれずに失敗する
  4. 十分なリサーチをせず運任せで投資する
  5. ルールを決めずに感覚で取引を行うため利益が得られない
  6. ポジポジ病に陥り無駄にトレードを行ってしまう
  7. 損切りに踏み切れず損失が大きくなる
  8. スワップポイント狙いで利益以上の損失を出す
  9. 取引する時間を決めていない

どんなシーンで失敗することが多いのか、ぜひチェックしてみてください。

1.レバレッジをかけすぎて大損する

レバレッジは、預けた資金以上の金額を取引できる仕組みをいいます。日本では25倍までのレバレッジを掛けられるので、資金が1万円しかなくても25万円分の取引ができるということです。

例えばレバレッジをかけない(1倍)の場合、1万円の損失が出たらマイナス1万円です。しかし、25倍のレバレッジをかけていると損失は25万円になります。

目先の利益に目がくらみ、損失を考慮していないと大損する可能性があるのがFXの特徴です。

2.余剰金以外もFXに使い資産を失う

余剰金以外のお金を使ってFX投資をおこなうと、資産を失うリスクが高まります。FXは必ず成功するものではありません。利益が得られないこともあります。

しかし、利益を見越して生活費をつぎ込んだりお金を借りたりすると、損失が出たときに借金を背負うことになるでしょう。

余剰金内でFXを行うという意識を持たなければ、投資どころではなく生活すること自体が厳しくなります。

3.多くの通貨ペアに手を出して管理しきれずに失敗する

FXは、さまざまな通貨ペアを自由に選んでトレードできます。

しかし、多くの通貨ペアに手を出すと、それぞれの特徴を理解せずに投資することになるため失敗する可能性が高くなります。

FX会社によっては、50種類程度の通貨ペアを取り扱っていることも。「珍しい通貨だからとりあえず片っ端から投資しておこう」と投資すると、通貨ペアの管理がしきれず損失を出してしまうでしょう。

4.十分なリサーチをせず運任せで投資する

FXは、海外の経済イベントや政治のニュースにより大きく影響を受けます。

しかし、十分なリサーチをせずに「儲かるらしい」という噂を聞きつけて投資したり、過去の取引を元にトレードを行ったりすると、大きな損失につながるリスクが高まります。

経済イベントや政治による相場の変動は、テクニカル分析では予測しきれないものです。「儲かったらラッキー」と運任せにせず、自分できちんとニュースをチェックして確実に投資を行わないと、失敗する可能性が高まります。

5.ルールを決めずに感覚で取引を行うため利益が得られない

FXをおこなう際、売買のルールを決めていないと失敗します。ルールを決めていないと、その時の感情や感覚で場当たり的な取引することになるため、冷静な判断ができなくなる可能性があるためです。

仮に上手くいって利益を得られたとしても継続的に稼ぐことは難しいため、結果的には失敗することになってしまいます。

6.ポジポジ病に陥り無駄にトレードを行ってしまう

ポジポジ病は、特に根拠もないのに頻繁に取引をおこなってしまう状態をいいます。特に初心者は、利益を得ようとしたり失敗を恐れたりして、必要以上に取引を行いがちです。

しかし、むやみに取引を行っても利益を得られるわけではなく、かえって損失が増えるリスクが高まります。知識がなくFXを始めると、ポジポジ病に陥りやすくなるため注意が必要です。

7.損切りに踏み切れず損失が大きくなる

損切りは、損失を抱えた状態で決済することをいいます。これ以上損失が大きくならないように先手を打つために行う方法です。

初心者は特に、損失を出すのが怖くてなかなか損切りに踏み切れないケースがあります。しかし、損切りを先延ばしにすると、大きな損失につながるリスクが高まるため、早いうちに判断することが大切です。

自分のルールを決めて、当てはまるケースは例外なく損切りを行わないと失敗して後悔することになるでしょう。

8.スワップポイント狙いで利益以上の損失を出す

2カ国間の通貨を売買するFXは、と2カ国間の金利差(スワップポイント)が発生します。スワップポイントは、新興国通貨(メキシコペソやトルコリラなど)の売買に大きな金利差が生じやくなっています。

しかし、スワップポイントが高いことは、損失が増えるリスクも高まるということです。特に初心者は、スワップポイント狙いで新興国通貨ばかりの取引を行うと、下落したときに大損するリスクが高いので注意が必要です。

9.取引する時間を決めていない

FXは平日ほぼ24時間取引可能です。しかし、取引時間を特に決めずに取引を行うと、利益を得るチャンスが減る可能性が高まります。

外国の為替相場は、時間帯ごとに値動きが大きかったり小さかったりします。適当な時間に取引を行うのではなく、値動きが活発なときを意識することが大切です。

【失敗例から学ぶ】FX初心者が投資を行うときの8つのポイント

FX初心者が、失敗例から投資を行うときのポイントを8つ紹介していきます。

  1. デモトレードで練習する
  2. 少額取引で経験を積む
  3. レバレッジをかけすぎない
  4. 損切りルールを設ける
  5. 値動きが活発な時間を把握する
  6. 注文方法を覚える
  7. 相場の分析方法を覚える
  8. 通貨ペアの特徴を押さえる

失敗例を知るだけでなく、そこから何に気をつければ良いのかを知ることが大切です。ぜひ参考にしてみてください。

1.デモトレードで練習する

本番の投資をする前に、デモトレードで練習しておくと安心です。

デモトレードは、実際の口座と同じような条件で取引体験ができるものです。FX会社には、デモトレードを利用できるところがいくつかあります。

いきなり本番の投資をすると、やり方を把握できずにあたふたしてしまうこともあるでしょう。市場は常に動いているので、操作に慣れていないと重要なタイミングを見逃す可能性があります。

まずは、どれだけ失敗しても借金のリスクがないデモトレードで十分に練習しておくのがおすすめです。

2.少額取引で経験を積む

初心者はデモトレードから始めて、慣れてきたらまずは少額で実際にトレードを行っていきましょう。

いくらデモトレードで上手く行っても、自分の資金を投資してみないと利益を得たり損失を出したりしたときの感覚は味わえないからです。

ただし、デモトレードで練習しただけでいきなり高額を投資するのはリスクが高いので、まずは少額で取引を始めてみてください。

3.レバレッジをかけすぎない

初心者は、レバレッジのかけすぎに注意しましょう。取引に慣れないうちから高いレバレッジをかけると、少ない資金でのトレードでも大きな損失になるリスクが高まるためです。

ハイリスク・ハイリターンを狙うとFX投資がギャンブルのような感覚になり、冷静な判断ができなくなる恐れも。まずは1倍から始めて、多くても3倍までに留めておくのが良いでしょう。

4.損切りルールを設ける

大きな損失を抑えるために、損切りルールを設けるようにしましょう。

損切りをせずに「しばらく待てば戻るだろう」などと運任せにしていると、時間が経つにつれて損失が大きくなるリスクが高まります。

損切りのルールは、自分で決めるのが良いでしょう。例えば、

  • 1回の取引で資金の◯%の損失が出たら
  • テクニカル分析でチャートがラインを下回ったら
  • 損失額が1万円になったら

など、さまざまな決め方があります。自身が実践しやすい損切りルールを設けて、しっかり守ることが大切です。

5.値動きが活発な時間を把握する

FXは平日24時間取引できますが、値動きが活発な時間があります。利益を得るためには、適当な時間に取引するよりも、流動性が高い時間を狙うのがおすすめです。

特に狙い目なのは、市場が活発な欧州市場と米国市場の取引時間が重なる21時~24時です。効率よく利益を上げるために、時間を意識して取引を行ってみてください。

6.注文方法を覚える

FXのリスクを管理するには、注文方法を覚えることも必要です。

特に初心者が押さえておくべき基本的な注文方法は、以下の3つです。

  • 成行注文:今すぐ取引を始める
  • 指値注文:現在の価格よりも有利な価格を指定して発注する
  • 逆指値注文:損切りするときに使う。ストップ注文ともいう

なかでも逆指値注文は、損切りでリスクを抑えるために覚えておくべき注文方法です。FXにはさまざまな注文方法があるので、少しずつ覚えて使いこなせるようにしましょう。

7.相場の分析方法を覚える

勘を頼りに取引しないためには、相場の分析方法を覚えることが大切です。

FXの相場を分析する方法は「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の2つです。

  • テクニカル分析:過去の値動きを分析して、将来の値動きを予測する
  • ファンダメンタル分析:国の政治や経済状況など、値動きに影響するさまざまな情報を集めて将来の値動きを予測する

初心者は、まずはシンプルなテクニカル分析から覚えていくのがおすすめです。慣れてきたらファンダメンタルズ分析を勉強していきましょう。

8.通貨ペアの特徴を押さえる

FXの投資を始める前に、まずは通貨ペアの特徴を押さえておくことが大切です。

FXは、通貨ペアにより取引量が異なります。取引量が少ない通貨ペアは、価格変動が激しくハイリスクです。

一方、取引量が多い通貨ペアは、値動きが安定しているので、価格変動のリスクが抑えられます。

初心者は、特に取引量が多い米ドル/日本円(USD/JPY)から始めるのがおすすめです。国内の取引シェアが高く、情報を取得しやすいメリットがあります。

慣れてきたら、少しずつ通貨ペアを増やしていくと良いでしょう。

FX初心者が投資に失敗しないためのFX会社の選び方

FX初心者向けに、失敗しないための会社選びのコツを紹介します。

  1. 資金に見合った取引単位の会社を選ぶ
  2. スプレッドの狭さを重視する
  3. デモトレードができるFX会社を選ぶ

1つずつ詳しく解説していきます。

1.資金に見合った取引単位の会社を選ぶ

FXでの取引単位は、会社ごとに異なります。一般的に、1ロット=10,000通貨が基本です。

1米ドルが100円だと仮定すると、100万円の資金が必要になります。初心者でいきなり100万円の投資は怖いでしょう。

なかには、FX会社の中には10,000通貨未満に対応しているところがあります。例えば、外貨ex byGMO(旧:YJFX!)は、1,000通貨から取引できるので、初心者にも利用しやすいところがポイントです。

初心者はなるべく少ない単位で取引できる会社を選ぶのがおすすめです。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

2.スプレッドの狭さを重視する

FXのリスクを抑えるなら、スプレッドが狭いFX会社を選びましょう。スプレッドは、通貨の買値と売値の差額により発生するもので、FX会社や通貨ペアによって金額が異なります。

スプレッドは基本的に売値よりも買値のほうが高くなっています。トレードするたびにスプレッドが発生するので、できるだけ狭い会社を選んだほうが手数料を抑えられるでしょう。

3.デモトレードができるFX会社を選ぶ

初心者は、デモトレードができるFX会社を選ぶのがおすすめです。まずは操作に慣れておいたほうが、実際の取引がスムーズにできるからです。

実際のFXは、1秒で相場が変動するものです。初めての取引で焦ってミスをしてしまわないように、デモトレードがあるFX会社を選んでしっかり練習しておくと心強いでしょう。

デモトレードが使いやすいと評判の「FX PLUS」は、取引に慣れたり、注文方法が選べたり、本格的な投資に近い状況で練習できます。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

FX初心者によくある失敗例から学んでリスクを回避しよう

FX初心者によくある失敗例は、さまざまなパターンがあります。多くのケースを知り、事前にリスクを回避する方法を学んでおくことで、大きな損失を避けることにつながります。

ぜひこの記事を参考に、失敗例から学んでFX投資を行ってみてください。

 

-FX