未成年がお金を借りる3つの方法とは!おすすめ学生ローン5選や利用の注意点を徹底紹介

未成年がお金を借りる3つの方法とは!おすすめ学生ローン5選や利用の注意点を徹底紹介

「未成年でもお金は借りられる?」
「親に頼めなくて困っている」
「お金を借りる際に気をつけることが知りたい」
と考えていませんか?

 

学生といえども、生活や娯楽のためにまとまったお金が必要になるケースは存在します。
「親にはなかなか言いづらい……」という状態だと、何とか他の方法でお金を借りれないか気になりますよね。

 

そこでこの記事では、未成年でもお金を借りる方法を紹介しています。具体的には以下の通りです。

  • 未成年がお金を借りる3つの方法
  • おすすめの学生ローン
  • 学生以外が利用できるローン
  • 未成年でお金を借りる際の5つの注意点

 

方法によっては親の同意も必要ないため、なるべく家族に知られずにお金を借りたいと考えている方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

 

未成年がお金を借りる3つの方法

こちらでは、未成年がお金を借りる3つの方法を紹介します。

  1. 学生ローンで借りる
  2. 給料を前借りする
  3. 奨学金から借りる

特に学生ローンは本人の名義でお金を借りられる可能性が高いため、親に相談したくない方におすすめです。

ぜひ参考にしてみてください。

1.学生ローンで借りる

学生ローンとは、その名の通り全ての学生を対象にした金融機関のことです。
学生に特化しているため審査が普通のローン会社よりも緩く、中には親の同意なく借りられる業者が存在します。

業者によって借りられる金額は異なりますが、返済能力があると判断された場合、最大50万円まで借りられる場所が多いです。
最短で即日入金を得られる業者もあるため、すぐにお金が欲しいというときに頼りになるでしょう。

「学生ローン」という名前の通り学生しか借りられませんが、未成年にとってはかなり使い勝手の良い業者です。

2.給料を前借りする

日払い以外のアルバイトの場合、あらかじめ決められた給料日に振り込まれるのが一般的です。

ただし緊急の理由があれば、給料日より前の日であっても受け取ることは可能です。
自分が働いたお金を先に受け取るだけなので、利息がかかることはありません。

給料を前払いしてもらうためには、その会社に申告しましょう。
会社によっては申込書に記入するだけで、簡単に支払ってもらえる場合もあります。

まずは、店長やオーナーなどの上司に理由も添えて相談することをおすすめします。

3.奨学金から借りる

奨学金とは、経済的な余裕がなく、進学に必要なお金が用意できない人に向けた制度です。

勉強に対して意欲がある学生が、お金の事情で通学や進学を諦めてしまわないように国や自治体、NPOなどの民間団体が制度を設けています。

借り入れたお金の使い道に関して特に制約がないため、一人暮らしの学生だと家賃などの生活費に充てる人も多いです。

借りられる対象の学生は以下の通りです。

  • 高等学校・専門学校生
  • 大学・院生
  • 短期大学生
  • 専門学校生
  • 通信制高校・大学生
  • 海外の学校への進学者

ただし奨学金を借りるには「成績が優れている」「世帯収入が基準を満たしていない」などの審査が必要です。

そのためすぐに借りることが難しく、難易度が高いといえます。

未成年がお金を借りる際におすすめの学生ローン5選

未成年がお金を借りるにはいくつか方法がありますが、その中でも学生ローンは入金スピードが早く、おすすめの方法です。

こちらでは、学生ローンの中でもおすすめの業者を7つ紹介します。

  1. カレッヂ
  2. フレンド田
  3. ニチデン
  4. マルイ
  5. アミーゴ
  6. ろうきん
  7. ゆうちょ

学生ローンは消費者金融よりも金利が低いため、学生にとって借りやすい点が特徴です。

「どこが良いか迷っている」「すぐにお金が欲しい」という方は、ぜひ確認してみてください。

1.カレッヂ

実質年率 15.0%~17.0%
利用限度額 1,000円~50万円
※未成年は10万円まで
来店 不要
おすすめな人
  • 全国対応がいい方
  • セブン銀行等で返済したい方
  • 親にバレたくない方

カレッジは未成年の場合10万円までですが、親の同意書を必要とせずにお金を借りられます。

原則として来店不要かつ、以下のように返済方法が豊富に用意されています

  • 店頭
  • コンビニATM
  • 現金書留
  • 指定講座

さらにカレッヂの場合、返済日は自由に指定できます。
返済指定日の前後7日の間に入金すれば問題ないため、自分のペースを考えたうえで返済を行うことが可能です。

2.フレンド田

実質年率 12.0%~17.0%
利用限度額 1万円~50万円
来店 不要
おすすめな人
  • 早くお金を借りたい方
  • お得に利用したい方

18歳以上の学生の方が申し込み可能なフレンド田は、上限50万円まで借りられます。
スピード振込にも対応しているため、即日に融資して欲しいと言う人におすすめです。

またフレンド田では、定期的に新規申し込みキャンペーンを開催しています。

新規申し込みすると以下のように金券がプレゼントされ、お得に利用可能です。

貸付金 金券
10万円 1,000円分
20万円 2,000円分
30万円 3,000円分

キャンペーンは定期的に行われているため、お得に利用したい方はぜひフレンド田のホームページをご確認ください。

3.ニチデン

実質年率 9.125%
利用限度額 30万円
来店 不要
おすすめな人
  • 低金利で借りたい方
  • 24時間申し込み対応がいい方

ニチデンでは、独自の審査ノウハウがあるため、最短10分で審査が完了します。

また金利も9.125%と他の業者に比べて低いため、返済額を少なくできる点が特徴です。
ちょっとした生活費の足しに使うのであれば、非常におすすめだといえます。

担保や保証人も原則不要なため、自分の名前名義で、スピーディに借りたいと言う人に向いています。

4.マルイ

実質年率 15.0%~17.0%
利用限度額 1~50万円
来店 必要
おすすめな人
  • 長期的に借り入れがしたい
  • 親にバレたくない方

マルイは来店を必要としますが、親の同意不要でお金を借りられます。

毎月の支払いは利息だけでOKなので、いざ「急な出費で支払い額を増やせない」というときでも安心です。
(例:利用金額が10万円・年率17%の場合、毎月最低1,397円の返済でOK)

さらに友達を紹介すると、年率を1人あたり1.2%引き下げられるため、紹介すればするほどお得に利用できます。

5.アミーゴ

実質年率 14.4%~16.8%
利用限度額 3万円~50万円
来店 不要
おすすめな人
  • 全国対応がいい方
  • 早くお金を借りたい方
  • 親にバレたくない方

アミーゴは、親にバレずに借りられる学生ローンです。同居している場合でも、書類に社名を書かないなどの配慮がされています。

開業30年以上と老舗のお店なので、安心して利用可能です。

全国対応なので、お店への訪問が難しい方におすすめです。

 

\今すぐ借りたい方はこちら/

カードローンおすすめランキング

 

未成年かつ学生ローンを使えない際に借りる方法2選

高校を卒業してから働き始めているなど、学生で無い場合は、学生ローンを利用できません。

その際は、未成年が利用できるカードローンを利用することがおすすめです。

  1. ろうきん(中央労働金庫)
  2. ゆうちょ銀行

であれば、未成年でも親の同意があれば融資を受けられます。

「学生ではないので、他の手段が知りたい」という方は、ぜひ内容をご確認ください。

1.ろうきん(中央労働金庫)

実質年率 3.875%~8.475%
利用限度額 最高500万円
来店 不要
おすすめな人
  • 安定して150万円以上の収入がある
  • 同一勤務先に1年以上勤務している

ろうきんのカードローンは、18歳以上の働いている方であれば申込みが可能です。ただし未成年の場合は、親の同意が必要です。

学生ローンと比べても金利がかなり安く、少ない負担でお金を借りられます。

審査は厳しめだと言われているため、即日融資は厳しいでしょう。
安定した収入がある方は、早めに申し込んでおくことをおすすめします。

2.ゆうちょ

実質年率 担保定額貯金:返済時の約定金利(%)+0.25%
担保定期貯金:預入時の約定金利(%)+0.5%
利用限度額 通帳1冊につき最大300万円
おすすめな人
  • 高額な融資を受けたい人
  • 自由な目的で利用したい人

ゆうちょでは「貯金担保自動貸付け」といい、すでにある定額貯金を担保として融資を受けられます。

定額貯金は積み立て式なので、期間によっては払い戻しが受けられません。
その対応策として、お金が欲しい場合に融資を受けられます。

仮に親や親族がゆうちょで定額貯金をしている場合、本人が知らないだけで自動貸付けが利用できる可能性があります。

親に頼む必要性はありますが、審査や年齢制限なくお金を借りることが可能です。

未成年がローン会社でお金を借りる際の5つの注意点

こちらでは、未成年がローン会社でお金を借りる際の5つの注意点を紹介します。

  1. 利用できる年齢を確認しておく
  2. アルバイト等の収入がある状態にしておく
  3. 最高でも10万円程度と考えておく
  4. 利息を把握しておく
  5. 闇金は絶対に利用しない

未成年の場合、申し込みをすれば誰でもお金を借りられる訳ではありません。
借り入れ先や、自身の状況によって借り入れができないケースがあるため、事前に理解しておく必要があります。

1.利用できる年齢を確認しておく

借り入れをする際は、必ず利用できる年齢を確認しましょう。

未成年OKと一口にいっても、18歳以上しか利用できなかったり、保護者の同意書が必要だったりと、条件は様々です。

そのため、アルバイトなどで安定した収入が得られていても、条件を満たさない可能性があります。
検討しているローン会社の対象年齢と必要項目を確認した上で、申し込み手続きを進めましょう。

2.アルバイト等の収入がある状態にしておく

ほとんどのローン審査は「本人に毎月返済できるだけの安定した収入があるか」が重要視されます。
そのため、収入が不安定な場合は、審査に通らない可能性があるため注意しましょう。

またローンは収入の3分の1まででしか借りられないと決められています。
例えば50万円を借りようと思ったら、150万円の収入が必要です。

反対に言うと、安定した収入が見込めれば審査に通る確率は高くなるため、返済できる根拠を明確に提示できるよう準備しましょう。

3.最高でも10万円程度と考えておく

多くの金融商品は借り入れ限度額が設けられており、未成年の場合は最高で10万円程度がほとんどです。
未成年の場合は年収がそこまで高くないため、多額のお金を返済できるほどの安定収入があるとは判断されにくくなります。
そのため貸し倒れリスクを避けるために、少額の融資しか受け付けてくれない場合がほとんどです。

急な出費があるとしても、10万円ほどまでしか借りられないと把握したうえで、使い方を考えていきましょう。

4.利息を把握しておく

金融会社から借り入れを行うと、必ず利息が発生します。よって利息についてもある程度把握しておくと良いでしょう。
利息とは、借入者が借入先に支払うお金のことで、利息額は借入先が設定している金利によって異なります。
利息額は下記のように計算されます。

利息額=元金額 × 金利 × 借入期間

ここで10万円を返済期間2年間で借りた場合のスケジュールを見てみましょう。

借入金額 10万円
返済回数 24回
貸付利率 18%
月の返済金額 ¥5,000
返済総額 ¥119,754

利息は、借り入れが少額なほど高く設定される傾向にあるので、最終的な返済金額は必ず確認するようにしましょう。

5.闇金は絶対に利用しない

どうしてもお金が欲しいという理由から、闇金に手を出してしまう人も存在しますが、絶対に辞めましょう。
闇金とは、法外な利息をつけて貸付を行なっている業者です。中には通常の70倍近くの利息を要求してくる業者も存在します。

多くの闇金業者は、借入者から「長期的に法外な利息を回収し続ける」ことを目的としており、完済させてもらえないケースも多いです。

また、暴力的な取り立てや、嫌がらせ、犯罪行為に加担させられることも少なくありません。

「違法だから返済しなくても良い」と思って借りてしまうと、精神的・肉体的な被害を受ける可能性があります。

真っ当なローン会社の審査に通らなかったらお金を借りることは諦めて、日雇いなどの即金性の高い仕事を行いましょう。

HOME 未成年がお金を借りる3つの方法とは!おすすめ学生ローン5選や利用の注意点を徹底紹介

CATEGORY:

お金借りる
【最短25分】カードローンで10万円を借りる方法!銀行・消費者金融からおすすめ10選を紹介
【最短25分】カードローンで10万円を借りる方法!銀行・消費者金融からおすすめ10選を紹介
家族にバレないでお金を借りるには?簡単にできる対策やおすすめのサービスを紹介
家族にバレないでお金を借りるには?簡単にできる対策やおすすめのサービスを紹介
【完全網羅】無職でもお金を借りる方法7選! 注意点とお金が借りられなかった時の最終手段も解説
【完全網羅】無職でもお金を借りる方法7選! 注意点とお金が借りられなかった時の最終手段も解説
コンビニATMからカードローンでお金を借りる方法や流れを解説
コンビニATMからカードローンでお金を借りる方法や流れを解説
【即入金】今日中にお金を借りる5つの方法!おすすめのカードローンを徹底解説
【即入金】今日中にお金を借りる5つの方法!おすすめのカードローンを徹底解説
未成年がお金を借りる3つの方法とは!おすすめ学生ローン5選や利用の注意点を徹底紹介
未成年がお金を借りる3つの方法とは!おすすめ学生ローン5選や利用の注意点を徹底紹介