金欠を乗り切る具体的な対処法5選!長期的にお金に困らないための対策も紹介

「金欠を乗り切るにはどうしたらいい?」
「毎日生き延びる方法ばかり考えていてつらくなってきた…」
「明日生きるお金がない場合はどうすべき?」

 

こんなお悩みを抱えていませんか?

 

引越しや旅行などでまとまったお金を使ったり、以前から憧れていた物を買ったりした直後など、金欠になる場面は多くあります。なかには毎月支払いに追われる生活を送っていて、金欠の状態が長期的に続いている方もいるかもしれません。

 

金欠の状態では日々の買い物や食事などを制限しないといけないので、対処法を知って少しでも余裕を持ちたいですよね。

 

この記事では金欠時の対応について、以下の内容を解説します。

  • すぐにできる金欠時の対処法
  • 再度金欠にならないための対策
  • 金欠時に利用を検討すべきおすすめサービス

一刻も早く金欠から抜け出したい方は、ぜひ最後までご覧ください。

すぐに実践できる金欠を乗り切るための具体的な対処法

すぐに実践できる金欠時の対処法は以下の5つです。

  • 食費を削る
  • 交通費を削る
  • 娯楽費を削る
  • ポイントを有効活用する
  • 不用品を売却する

それぞれ詳しく解説します。

1.食費を削る

食費は毎日欠かさず発生する費用です。そのため可能な範囲で食費を削ると、手持ちのお金に余裕を持たせられます。たとえば、もやしや豆腐・納豆などは安い食材として有名ですね。

 

学業や仕事が忙しくて、コンビニでの買い物や外食が当たり前になっている方は少なくありません。しかし毎日飲食店などで食事をとっていると、当然多くの費用がかかります。

 

日頃食事に多くのお金を使っている方ほど、節約に取り組んだ際の効果は絶大です。食費の負担が大きい方は、まずは自炊を習慣化するとよいでしょう。

2.交通費を削る

日常的にバスや電車を使っている方は、通勤・通学手段を工夫すると節約につながります。具体的には、利用区間を少なくしたり自転車や徒歩での移動に切り替えたりすると、多少なりとも交通費が減るでしょう。

 

1日あたりの節約額は数百円程度でも、1ヶ月や1年間に換算すると大きな金額になります。自転車や徒歩での通勤・通学は健康にもよいので、運動不足の方にはとくにおすすめです。

3.娯楽費を削る

食費や交通費がある程度少なくても、娯楽費が大きいことで毎月金欠になっている方は多いのではないでしょうか。趣味や飲み会などに使うお金が多い方は、金欠時に我慢すると大きな節約になります。

 

たとえば洋服やコスメに使うお金、友人や同僚との飲み会に使うお金などは節約の余地があるかもしれません。出費が習慣化しているケースも多いため、毎月の娯楽費が大きい方は見直しを検討しましょう。

4.ポイントを有効活用する

地道な方法ですが、ポイントを活用するのもおすすめです。クレジットカードや専用のアプリを利用することで、買い物時に使えるポイントが貯まるサービスは多くあります。

 

ポイ活という言葉があるように、ポイントをうまく貯めることで家計の助けとしている方も少なくありません。特定のカードやサイトを愛用するとポイントが貯まりやすいので、これから活用を始める方はぜひ意識してみてください。

5.不用品を売却する

自宅に不用品がある場合は、必要とする方に売却することで手元のお金を増やせます。たとえば、自宅に以下のような不用品はありませんか?

  • 数年前に流行った洋服
  • 一時的に楽しんでいたギター
  • 読み終わった本や雑誌
  • 昔遊んでいたゲーム

ネット上のフリマサイトを使えば、手軽に不用品を販売できます。自分が思っているより高価で販売できることも珍しくありません。

 

中古買取店に足を運ぶのも1つの方法です。自宅に眠っているだけの物があれば、断捨離をかねて販売してみるとよいでしょう。

長期的に金欠にならないための対策5選

金欠状態になることが多い方は、根本的な意識を変える必要があるかもしれません。現在と同じように生活を送っていては、定期的に出費を抑えなければならない可能性が高いからです。

 

しかし、具体的に何を意識すべきかわからない方が多いかもしれません。そこで本章では、再度金欠にならないための対策を5つ紹介します。

  • 毎月の支出額を把握した上でお金を使う
  • 固定費を減らす(水道光熱費/通信費/家賃など)
  • 少しずつでも貯金をする
  • クレジットカードは極力使わない
  • 副業に取り組む

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.毎月の支出額を把握した上でお金を使う

慢性的に金欠状態にある方は、支出の管理をとくにしないでお金を使っていることが多いです。そもそも、何にどのくらいのお金を使っているか把握できていない方も少なくありません。

 

支出の内訳を整理できていない方は、まずはお金の管理を始めましょう。収入以上の支出をしないように徹底すれば、金欠状態になることを防げます。

 

毎月の支出額を把握していないと、収入以上のお金を使ってしまい金欠になりやすいです。無駄な出費を減らすためにも、支出の内訳を把握して収入額の範囲でやりくりすることを習慣化しましょう。

2.固定費を減らす(水道光熱費/通信費/家賃など)

家計の支出には、大きく以下の2種類があります。

  • 固定費:毎月ある程度定額で発生する費用
    例)水道光熱費/通信費/家賃など
  • 変動費:毎月の支払い金額が変動する費用
    例)食費/交際費/医療費/娯楽費など

変動費はその時々で金額が大きく変わるため、節約の意識をしてもあまり効果を実感しにくいです。一方、固定費は一度見直すと毎月の節約に直結します。よって金欠の方がまず取り組むべきは、家賃や通信費といった固定費の改善です。

 

たとえば家賃を毎月5,000円減らすだけでも、1年間で60,000円の節約につながります。スマホ代やインターネット代の見直しをするのも効果的なので、高額な料金を支払っている方は改善の余地がないか検討してみてください。

3.少しずつでも貯金をする

定期的に金欠になる方の多くはほとんど貯金をしていません。毎月自由にお金を使って、最終的に余った金額だけを貯金に回している方も多くいます。

 

しかし貯金をしていないと、急にお金が必要になったときにすぐ金欠になりかねません。逆にいえば少しでも貯金をしていれば、支出が重なったときにも蓄えを崩す形で危機を乗り越えられます

 

給与水準が高い方は、際限なくお金を使っても自然と貯金できます。ただ平均的な収入の方は、意識的に行動しないと蓄えが増えません。将来の自分を助けるためにも、毎月少しずつ貯金することを習慣化しましょう。

4.クレジットカードは極力使わない

その場では現金を使わずに会計ができるクレジットカードは、出費を後払いにできる便利なアイテムです。しかし利用額を把握せずにカードを使うと、予想以上に高額な請求をされて金欠状態になる可能性があります。

 

毎月の利用額を把握できている方なら問題ありませんが、単に支払いを後回しにする目的で使っている方には危険です。クレジットカードによる金欠を防ぐためには、現金での支払いを習慣化するしかありません。

 

クレジットカードには利息が発生する支払い方法もあるため、リボ払いなどをすると返済額が増えてさらに自分を苦しめてしまいます。お金の管理が苦手な方は、毎日のあらゆる支払いを現金でおこなうようにしましょう。

5.副業に取り組む

金欠になりやすい方は、副業に取り組んで収入を増やすのもおすすめです。収入が増えれば自由に使える金額も大きくなるため、食費や娯楽費などを無理に節約する必要がなくなります。

 

現職と同程度の収入を得るのは簡単ではありませんが、毎月1〜3万円程度であればゼロからの挑戦でも十分目指せます。時間的な余裕がある方は、副収入を得るために努力してみるとよいでしょう。

金欠なら一定期間までは無利息のカードローンを利用するのもおすすめ

直近で金欠状態にある方のなかには、食費や交通費の削減などだけではお金が足りない方もいるかもしれません。急ぎでお金が必要な方には、一定期間まで無利息で利用できるカードローンを使うのも1つの方法です。

 

カードローンとは、銀行やカード会社が提供する個人向け融資サービスのこと。契約時に設定した金額内で借りたお金は自由に使えるため、金欠の方が危機を乗り越える方法として知っておくべき内容です。

 

初めての利用者を対象に無利息期間を用意するカードローンを使えば、余分な出費をすることなく手元のお金を増やせます。即日発行に対応するカードローンも多数あるため、すぐにお金が必要な方でも問題ありません。

 

次章では、おすすめのカードローンを具体的に3つ紹介します。

金欠時におすすめの無利息期間があるカードローン3選

無利息期間があるおすすめのカードローンは以下の3つです。

  • 三井住友カード
  • レイクALSA​​
  • アイフル

各社の概要について、順に確認していきましょう。

1.三井住友カード

三井住友カードのカードローンは、キャンペーンにより最大3ヶ月間の無利息期間を用意するサービスです(※期間:2021年9月1日〜2022年5月31日)。最短当日での融資に対応しているため、すぐにお金を用意したい方でも安心して利用できます。

 

他社と比べて実質年率が低いことも特徴的です。利率がもっとも高くなる10〜50万円を借りるときでも、金利は15%となっています。公式HPにて審査や返済額のシミュレーションができるため、興味のある方は気軽に確認してみるとよいでしょう。

 

実質年率1.5%~15.0%
融資スピード最短当日
無利息期間最大3ヶ月間(キャンペーン)
借入限度額900万円
申し込み資格20歳〜69歳の定期的な収入がある方

2.レイクALSA​​

レイクALSA​​は、初めての方を対象に最大180日間の無利息期間を用意するカードローンです(※5万円までの借り入れ)。5万円以上の借り入れを希望する場合は、Webから申し込みをすると契約額200万円までは60日間も無利息になります。

 

三井住友カードのように期間限定のキャンペーンではないため、無利息でお金を借りたい方にはぴったりです。他社を調査しても、レイクALSA​​ほど長い無利息期間を用意するカードローンは見つかりませんでした。利息を一切支払うことなくお金を借りたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

 

実質年率4.5%〜18.0%
融資スピード最短60分
無利息期間最大180日間
借入限度額500万円
申し込み資格20歳〜70歳の安定した収入がある方

3.アイフル

アイフルは、最大30日間の無利息期間を用意するカードローンです。三井住友カードやレイクALSAよりは短期間ですが、ある程度返済の目処が立っている方には1つの選択肢となります。

 

アイフルの特徴は、融資スピードが他社よりも早いこと。Web申し込みの場合最短25分で融資を受けられるため、一刻も早くお金を引き出したい方には最適なカードローンです。とにかく早く融資を受けたい方には、アイフルの利用をおすすめします。

 

実質年率3.0%~18.0%
融資スピード

最短25分(Web申し込みの場合)
※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

無利息期間はじめての方なら最大30日間
借入限度額800万円
※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
申し込み資格20歳〜69歳の定期的な収入がある方

いくら金欠でも避けるべき3つのこと

最後の章では、いくら金欠状態でも避けるべきことを紹介します。

  • ギャンブル
  • 闇金の利用
  • クレジットカードの現金化

それぞれ確認していきましょう。

1.ギャンブル

お金に余裕がない状態でギャンブルをすべきではありません。パチンコや競馬などのギャンブルは依存性が高く、お金がなくなる原因になります。

 

ギャンブルに取り組んでも、手持ちのお金を増やせる可能性は低いです。金欠状態だからこそ、賭博でお金を増やそうと考えるのはやめましょう。

2.闇金の利用

違法でお金を貸す闇金業者を利用すると、法外な利息を請求されたり無理な取り立てを受けたりする恐れがあります。よっていくら金欠状態であっても、闇金業者からお金を借りるべきではありません。

 

審査なし・誰でもお金を借りられるなどと謳う業者は、違法に事業をおこなっているため危険です。大手のカードローンを使えば無利息でお金を借りられるので、闇金業者の利用は絶対に避けましょう。

3.クレジットカードの現金化

クレジットカードの現金化は、同カードのショッピング枠を利用して現金を手に入れる方法です。カード会社の規約違反となる行為であるため、お金に余裕がなくても手を出すべきではありません。

 

現金化をすると、解約や一括返済などを求められる可能性があります。法律的にもグレーな行為なので、取り返しのつかないトラブルに発展しないように現金化はやめましょう。

まとめ

すぐに実践できる金欠時の対処法や、再度お金に困らないための対策を紹介しました。

 

定期的に金欠になる方は、根本的な意識に問題があるかもしれません。まずは支出額を把握した上でお金を使ったり固定費を見直したりして、お金に余裕を持てるように意識を変えることが大切です。

 

すぐにお金が必要な場合は、無利息期間のあるカードローンを使うのも1つの選択肢です。ギャンブルや闇金の利用に走ると問題が大きくなりかねません。お金に余裕がないときには「三井住友カード」や「レイクALSA​​」といった大手のカードローンを利用しましょう。

-お金借りる