18歳未満でもクレジットカードは作れる?審査基準や注意点

「18歳未満でも、クレジットカードは作れる?」

中学生や高校生でも、お買い物の機会が多くクレジットカードの支払いを検討している方も多いのではないでしょうか?とくにネットショッピングなどを利用する場合、クレジットカードでの支払いが一番楽に感じるかもしれません。

そこで本記事では、18歳未満でもクレジットカードは利用できるのか、審査基準などに触れて詳しく解説します。後半ではクレジットカードを持つメリットや注意点について紹介しているので、参考にしてください。

クレジットカードは18歳未満では作れないものもある

結論からいうと、18歳未満ではクレジットカードを発行することはできません。クレジットカードの発行を申し込むと、カード会社は申込者の情報を調べて審査を実施します。審査に通過した人のみ、カードの所有が可能です。

18歳未満でクレジットカードを発行できないのは、この「審査基準」が深く関係しています。ここでは、カード発行時の「審査基準」について、くわしく解説します。

クレジットカードの仕組み|後払いの一種

さまざまなカード会社から発行されているクレジットカードですが、その仕組みは以下のようになっています。

【クレジットカードの仕組み】

  1. 利用者がクレジットカードを使って決済する
  2. カード会社が店舗に料金を支払う
  3. 利用者は後日、カード会社から利用料金を請求される

このようにクレジットカードは、「後払い」の一種です。カード会社が設定した請求日になると、利用者は設定した方法で支払いをします。所有する銀行口座からの引き落としや、コンビニや銀行で直接払う方法が主流です。

クレジットカード発行時の審査について

クレジットカードは後払いの一種であるため、カード会社は支払いに問題が無く、信用できる人に利用してもらいたいことでしょう。したがってクレジットカードを発行するにあたって、必ず審査が実施されています。

審査では、「支払い能力があるか」「本人や家族に安定した収入があるか」などの項目が調査されています。また過去の金銭トラブルも、審査基準のひとつです。

18歳未満だとクレジットカードを作れない理由

仕組みや審査基準を考慮すると、18歳未満でクレジットカードは発行できないと判断できます。高校生以下の場合、安定した職業に就いている可能性は極めて低いからです。

またクレジットカードは不正利用されるケースが多発しており、所有するにあたっての自己管理は徹底しなければなりません。家族と同居していて支払いに問題がないとしても、管理能力が乏しいとされる18歳未満でクレジットカードを発行することはできません。

18歳未満はプリペイドカードを使おう

18歳未満だとクレジットカードを利用できないので、現金以外での支払いをしたい方は、プリペイドカードの利用をおすすめします。プリペイドカードは、チャージした分だけ利用できる「前払い方式」のキャッシュレス決済方法です。

プリペイドカードとクレジットカードの違い

クレジットカードとの違いを、以下の表にまとめます。

 

プリペイドカード

クレジットカード

仕組み

前払い

後払い

審査

なし

あり

利用方法

カードを購入し、チャージする

カードが発行されたら利用できる

年齢制限

基本なし

18歳以上(カードによって異なる)

上記のようにプリペイドカードは、基本的に審査や年齢制限がなく、誰でも利用できる場合が多いといえます。チャージした分しか利用できないので、後から高額の請求がきたり不正利用されたりする心配もありません。

ただしネットショッピングだと利用できる店舗は限られているので、要注意です。

【法改正】2022年4月より18歳以上はクレジットカードが作成可能に

2022年4月1日に民法改正により成年年齢が引き下げられることとなりました。そのため、現在は18歳、19歳であっても親の同意を得ることなくクレジットカードの作成が可能となります。

ただし、クレジットカードの作成条件で「学生は申し込み不可」とされていたり、支払い能力の審査の結果作成できなかったりすることもあるので注意しましょう。

参考:法務省「Q3 成年年齢の引き下げによって,18歳で何ができるようになるのですか?

20歳未満は家族カードや学生専用カードを活用しよう

成年年齢の法改正によって18歳からクレジットカードの作成ができるようになったとはいえ、いきなりクレジットカードに申し込むのは不安に思われる方もいるでしょう。そのような方には、まず家族カードや学生カードを使ってみることをおすすめします。

家族カードとは

家族カードは、生計を共にする家族が所有しているクレジットカードに追加して発行できます。配偶者や18歳以上の子どもが対象となり、審査は不要です。引き落としも家族分まとめて設定した銀行口座から行われるので、自分で支払いを管理する必要もありません。

まずは家族カードを利用し、クレジットカードの仕組みや利用方法を十分理解したうえで自分のカードを発行すれば、今後も安心です。

学生専用カードとは

大学や専門学校に進学した方は、最初に持つ自分のクレジットカードとして学生専用カードをおすすめします。学生カードには、普通のクレジットカードと異なる以下のような特徴があります。

【学生カードの特徴】

  • ポイントが貯まりやすい
  • 旅行保険が充実している
  • 紛失時や盗難時のサポートが手厚い

学生専用カードは収入の少ない学生でもお得に利用できるよう、ポイント還元率が高く設定されている場合が多いといえます。旅行保険の付帯や、盗難時トラブルのサポートが充実しているカードもあり、卒業旅行時の支払いにもおすすめです。

学生のうちにしか利用できない特典やサービスなので、十分に活用してみてください。

若い人がクレジットカードを使うメリット

クレジットカードを利用すれば、現金を持ち歩く必要がなく、気軽に出かけられるメリットがあります。しかし「普段現金で支払っているし、作る必要ない」と感じている人も、なかにはいるはずです。

ここでは、学生など若い方がクレジットカードを利用するメリットについて、4つの項目にわけて解説します。

【若い人がクレジットカードを使うメリット】

  • ポイントが貯まって節約につながる
  • 若い世代向けの特典・サービスを受けられる
  • クレヒスを積める
  • キャッシュレスの仕組みを学べる

ポイントが貯まって節約につながる

クレジットカードは、利用に応じてポイントが貯まる場合がほとんどです。たとえば楽天カードの場合、お店で利用すると100円につき1ポイント貯まり、1ポイント=1円として利用できます。

したがってクレジットカード決済は、現金払いよりも節約効果は高いといえるでしょう。収入の少ない若い世代こそ、お得なクレジットカードを利用すべきです。

若い世代向けの特典・サービスを受けられる

カード会社によっては、若い世代向けの特典やサービスを提供している場合があります。たとえば入会特典でポイントがもらえたり、期間限定でポイント還元率がアップしたりするキャンペーンはとても人気です。

また若い世代しか入会できないクレジットカードだと、通常のカードに比べてポイント還元率が高くなっているなど、サービスが充実しています。

クレヒスを積める

クレジットカード発行の際に審査を受けると、その時の記録が「クレジットヒストリー」として信用情報機関に残ります。この記録は、今後ローンを組んだり新たなクレジットカードを発行したりする際に、「一度審査に通っている」という点で、プラスに働くのです。

逆にクレヒスがない状態で審査を受けると、支払い能力の判断が難しく、場合によっては落ちてしまう恐れもあります。比較的審査に通りやすいといわれている若いうちにクレヒスを積んでおけるのは、クレジットカードを所有するメリットのひとつです。

キャッシュレスの仕組みを学べる

キャッシュレス決済は以前よりも普及しており、今後は現金で支払える店舗が減ってくる可能性も考えられるでしょう。若いうちにキャッシュレス決済に慣れておくことで、今後の生活が楽になることを期待できます。

18歳でクレジットカードを作る方法

クレジットカードを作る方法は、以下の3ステップです。

【クレジットカードを作る方法】

  1. 作りたいクレジットカードを申し込む
  2. 審査に通過するとカードが発行される

発行したいクレジットカードを申し込む

まずは、自分が利用したいクレジットカードを見つけ、申し込みましょう。インターネットから手続きできる場合と、店舗やカード会社で手続きができる場合があります。

またクレジットカードの申し込みには、以下の書類が必要です。

【クレジットカード発行に必要な書類】

  • 健康保険証・運転免許証などの本人確認書類
  • 銀行口座(口座振替の場合)の情報

審査に通過するとカードが発行される

カード会社による審査に通過すると、クレジットカードが発行されます。カードは郵送されてくる場合と、その場で受け取れる場合があります。急いでいる場合は、その場で受け取れるタイプのクレジットカードを選びましょう。

【20歳未満必見】おすすめのクレジットカード3選

20歳未満でも比較的審査に通りやすいクレジットカードを、本記事では3社ご紹介します。

三井住友カード(NL)

【三井住友カード(NL)の特徴】

  • カード番号の記載がないので、安全性が高い
  • 学生に嬉しい特典が豊富
  • 年会費無料

三井住友カード(NL)は、通常のクレジットカードとは異なり番号が記載されていません。そのため周りの人に情報を盗まれたり、紛失時に不正利用されたりするおそれが少ない点が魅力的です。

また学生の場合、LINEPayへのチャージや携帯料金の支払いによってポイント還元率が高くなる特典があったり、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が利用できたりと嬉しいポイントも多くあります。

年会費も無料なので、高校を卒業して最初に持つクレジットカードとしておすすめです。

参考:三井住友カード ナンバーレス(NL)|三井住友VISAカード

三菱UFJカード VIASOカード

【三菱UFJカード VIASOカードの特徴】

  • 年会費無料
  • ポイントは自動還元
  • 携帯電話・インターネット・ETCの利用でポイント2倍
  • 最短翌営業日に発行

三菱UFJカードVIASOカードは、申込条件に「18歳以上の学生もしくは安定した収入がある」という記載があるため、大きな問題がなければ誰でも発行可能だと考えられます。

最短翌営業日に発行されるため、急いでカードを利用したい方にもおすすめです。携帯電話やETCなど、普段の支払いに利用するとポイントが貯まりやすくなります。

また自動キャッシュバック機能があるため、ポイントが失効してしまう心配もありません。

参考:VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

JCB CARD W

【JCB CARD Wの特徴】

  • 入会できる年齢が決まっている
  • 年会費無料
  • ポイント還元率が通常の2倍

JCB CARD Wは、入会できる年齢が18〜39歳に限定されているクレジットカードです。年会費は無料で、通常のJCB CARDよりもポイント還元率が2倍と高く、お得に利用できます。カード情報は裏面に記載されていて安全性が高く、初めてクレジットカードを持つ方にもおすすめです。

さらにスターバックスやセブン-イレブンなどのパートナー店で利用すると、ポイント還元率は最大11倍です。近所にパートナー店が多く、頻繁に利用する可能性がある人は検討してみてください。

参考:JCB カード W

まとめ

18歳未満は、経済的な責任能力が乏しいと判断されていることから、クレジットカードを発行できません。18歳になるまでは、チャージ方式で利用するプリペイドカードの活用を検討してみてください。18歳になればクレジットカードを発行できるようになります。本記事を参考に、お得で使いやすいクレジットカードを選んで利用してみてください。

-クレジットカード