Staff Interviewスタッフインタビュー

Name

M.Ryuya

Position

運用担当

新卒でウェディング関連企業に入社、ウェディングプランナーとして勤務。
その後大手IT関連企業に入社しECコンサルタント、マーケティングを担当。

新卒でウェディング関連企業に入社、ウェディングプランナーとして勤務。
その後大手IT関連企業に入社しECコンサルタント、マーケティングを担当。

入社・転職の理由

前職でマーケティングを経験する中で、広告やプロモーション手法には、ターゲット別・メディアの種類・効果測定方法など様々なものがあることを知りました。
広告についての興味が湧くにつれ、この分野でプロフェッショナルになりたいと考えたことがきっかけです。
発注側としてだけではなく、様々な商材やクライアントの広告運用を経験すれば、それだけ知見や経験を得られると考え転職を決めました。
3年後までには、どの広告手段を使ってどのプロセスを使うと最適かが提案できるような、デジタル広告のプロになりたいと考えています。

テクノロジーパートナーを一言で言うなら…

「未完成」
ある程度予想はしていたけれど、小さい組織で決まっていないことも多いと感じます。
けれどそのことは良い意味で捉えていて、上司の指示待ちといったことは一切なく、自分が意思をもったら経営判断にも関与できる。
スキルを身につけ成長したい自分にとって良い環境だと思っています。

自分のミッション/役割

「クライアントの成果最大化」がミッション。
課題の抽出、本質的な問題点を「そもそも」の目的から考えることが、それにつながっていくと思う。

仕事をする上で大事にしていること

「本質的な課題を、最短最速で解決する。」
できない理由ではなくて、どうやったらできるか考える、ということ。

テクノロジーパートナーの良いところ/未熟なところ

ひとりひとりの裁量や自由度が高いことはいいことだと思います。
提案や決定が、意思を持つことで進んでいく点は自分に合っていると思います。
一方で基準がないこと、やったことがないものに対して、時々わからないから自分の領域を超えていこうとしない、ということはまだまだ成長の余地があるかもしれません。
営業であろうがデザイナーであろうが、自らの領域を飛び越えて会社の成長についてもっと議論して進めていけるといいな、と思っています。

入社を考えている仲間にメッセージ

もし、ルールや組織が出来上がっている、安定を求めたいなら別の職場がいいと思います。
もっといろんなことをしてみたい、自分のスキルを試してみたい、または温めているアイデアがあるが現職では実行できない、という人には、テクノロジーパートナーはいい環境だと思います。

募集要項