お金を借りる審査に通らない5つの原因|合格するコツやおすすめサービスを紹介

「すぐにお金がいるのに審査に通らない…」
「カードローンの審査に落ちる原因は何?」
「お金を借りるためにはどんな工夫をしたらいい?」

 

こんなお悩みを抱えていませんか?

 

お金を借りるためにカードローンに申し込んだものの、審査に通過できず悩む方は多くいます。すぐにでもお金を用意したい場面なのに審査に苦戦すると、不安やストレスを感じますよね。

 

しかし審査に落ちた理由や通過するためのコツなどがわからないと、お金を借りるために何を改善すべきかイメージするのも難しいかもしれません。

 

そこでこの記事ではお金を借りる際の審査について、以下の内容を解説します。

 

  • 審査に落ちるときに考えられる原因
  • 審査に合格するための秘訣
  • 審査に苦戦している方へおすすめのサービス

 

カードローンの審査が通らなくて悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください。

お金を借りる審査に通らないときに考えられる原因

スムーズにお金を借りられず困っているときには、まずは審査に落ちる原因を把握することが大切です。審査に落ちる原因がわかれば、申し込みにあたり何を改善すべきかが明確になります。

 

審査に落ちる主な原因は以下の5つです。

 

  1. 返済能力以上の借入を希望している
  2. すでに他社から借入をしており返済が滞っている
  3. 短期間で複数社に申し込みをしている
  4. 信用情報に傷がついている
  5. 事実とは異なる内容で審査に申し込んでいる

 

対処法にも触れつつ、それぞれ詳しくします。

1.返済能力以上の借入を希望している

まず考えられるのは、収入に対して借入希望額が大きすぎること。ローン会社は事業として個人の利用者にお金を貸しており、適切に返済がなされないと損失を被ってしまいます。

 

そのため返済能力以上の借入を希望する利用者には、お金を貸してくれません。返済がされないと不利益を被るだけなので、返済能力が乏しいと感じる方を不合格にするのは当然のことですよね。

 

できる限り多くのお金を借りられるように希望額を大きくしている方は、まずは最低限の金額で申し込むことをおすすめします。

2.すでに他社から借入をしており返済が滞っている

他社からの借入に対する返済が滞っている場合は、新規の審査で苦戦する可能性があります。借入希望額を大きくしたケースと同様に、適切な返済能力がないと判断されることが多いからです。

 

またローン会社が利用者に貸せるお金は、国が定める貸金業法の総量規制によって「年収の1/3まで」と上限が決められています。複数社からお金を借りる場合の審査では、合計の借入金額や他社の返済状況などを加味されるため、上限をオーバーすることで審査に落ちるケースも少なくありません。

 

複数のカードローンに申し込む場合は、他社の返済状況を整えること・できる限り合計の借入額を少なくすることが重要です。すでに他社から借入している方は、注意して審査に臨みましょう。

3.短期間で複数社に申し込みをしている

短期間で複数のカードローンに申し込むと、お金がなくて困っていると思われる恐れがあります。直近である程度お金に余裕がある方なら、短期間に連続で申し込む必要はないからです。

 

カードローンの審査時には、他社への申し込み状況を確認されます。ゆえに複数社に続けて申し込むと返済能力を疑われてしまい、審査に通過できない可能性があるのです。

 

短期間で複数社に申し込んでも、審査に合格できる可能性は著しく上がりません。通常はほかにも落ちる理由があるので、原因を特定して対処した上で時間を空けて申し込みましょう。

4.信用情報に傷がついている

信用情報とは、カードやローンの契約履歴・支払い状況などを記録した個人情報のこと。お金を借りる際にはこの信用情報を確認されるため、傷がついていると審査に通過できません。

 

信用情報に傷がつく原因には、以下などがあります。

  • 支払い延滞(クレジットカードやスマホ料金など)
  • 債務整理
  • 代位弁済

信用情報は5〜10年経過しないと解除されません。そのため、数年以内に上記のような行為をした方は審査に落ちる可能性が高いです。

 

傷の有無は、信用情報機関に問い合わせると確認できます。少しでも心当たりがある方は確認しておくとよいでしょう。

5.事実とは異なる内容で審査に申し込んでいる

年齢や職業などについて虚偽の情報を申告すると、お金を借りる際の審査に通過できません。個々人の基本情報は信用情報機関に登録されており、審査時に誤りがないか確認されるからです。

 

個人の利用者にお金を貸すローン会社は「20歳〜69歳の定期的な収入がある方」のように、借入できる方の申し込み条件を明確に定めています。ただ、条件を満たすためにたとえば年齢を偽って申告しても、嘘をついていることが確実にバレます。

 

少なくとも嘘の情報を入力してプラスに働くことはありません。審査に通過するために事実と異なる内容で申し込むことは絶対に避けましょう。

審査に通らないと悩む方に伝えたいお金を借りる3つのコツ

次にこの章では、審査に通過するためのコツを3つ紹介します。

  • 10万円以下の金額で申し込む
  • 1社に絞って申し込みをする
  • 自ら収入証明書を提出する

コツを押さえて申し込めば、一度審査に落ちた方でもお金を借りられるかもしれません。それぞれ詳しく解説するので、順に確認していきましょう。

1.10万円以下の金額で申し込む

借入希望額を大きくしている方は、最低限の金額で申し込むべきです。借入額が大きいほど求められる返済能力も高まるため、審査に通過できる可能性が低くなります。

 

どのくらいの金額にすべきか悩む方は、10万円以下で申し込んでみてください。数万円程度であれば審査の難易度が比較的低く、スムーズにお金を借りられる可能性があります。

 

10万円以上が必要な場合にも借入枠に余裕を持っておくのではなく、最低限の金額で申し込むことが大切です。

2.1社に絞って申し込みをする

審査に通過できないと「どこか1社でも合格できたらいいな」と考え、複数社に申し込みがちです。しかし審査に通過できるか不安な方ほど、1社に絞って申し込むことをおすすめします。

 

短期間で複数社に申し込んでも、信用情報機関で申し込み履歴を確認しているローン会社に好印象は与えられないからです。

自社だけの方と、自社+2〜3社に申し込みしている方がいたら、複数社に申請する方のほうが遅延・延滞するリスクが高そうですよね。

 

審査合格の可能性を少しでも高めたい方は、ローン会社を厳選した上で申し込みましょう。

3.自ら収入証明書を提出する

お金を借りる際に収入証明書の提出を求められるケースは、賃金業法によって以下の2つと決まっています。

  • 1社から50万円以上の借り入れをおこなう場合
  • 複数社から合計100万円を超える借り入れをおこなう場合

つまり50万円以下の金額を借りる場合は、収入証明書の提出は必要ありません。ただローン会社に提出を求められなくても、自ら書類を送付することで高評価につながる可能性があります。

 

ローン会社が審査する際の判断材料が増えたり、信頼性の高さをアピールできたりするからです。少し手間はかかりますが、給与明細や源泉徴収票などがあれば積極的に提出しましょう。

なかなか審査に通らない方におすすめのお金を借りるサービス

審査に苦戦している方へおすすめのサービスを紹介します。

  • プロミス
  • レイクALSA​​
  • アイフル

いずれも消費者金融系のサービスなので、とくに銀行系カードローンの審査に落ちた方は申し込みを検討すべきです。審査基準が異なるため、スムーズにお金を借りられるかもしれません。

 

各サービスの概要について、順に確認していきましょう。

1.プロミス

プロミスは、はじめて利用者の満足度No.1を獲得しているカードローン。2022年オリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン 初回利用」で第一位に選ばれており、初めてお金を借りる方から支持されているサービスです。

 

初めてプロミスを利用する方は、最大30日間は利息が0円になります。スマホから申し込むことで、最短15秒で借り入れできるかどうかがわかるスピード感も魅力的です。

 

LINE公式アカウントがあるため、疑問点が生じた場合にもすぐに問い合わせできます。初めてお金を借りる方からの評価が高いサービスをお探しの方には、プロミスがおすすめです。

 

実質年率4.5%~17.8%
融資スピード最短60分
無利息期間最大30日間
借入限度額500万円
申し込み資格年齢18~69歳のご本人に安定した収入のある方

2.レイクALSA​​

レイクALSA​​は、初めての利用者を対象とした無利息期間を他社よりも長く用意するカードローンです。5万円までの借り入れであれば最大180日間も利息が0円になり、Web申し込みの場合は契約額200万円までが60日間も無利息になります。

 

ローン会社の多くは最大30日間までとしているので、レイクALSA​​の無利息期間の長さは圧倒的です。利息が高いとその分多くのお金を返済しないといけないので、無利息期間が長いのはうれしいですね。

 

申し込みは24時間365日受け付けているので、いつでも好きなタイミングで申請できます。ネットでの申し込みにも対応しているため、外出する時間がない方でも安心です。

 

実質年率4.5%〜18.0%
融資スピード最短60分
無利息期間最大180日間
借入限度額500万円
申し込み資格20歳〜70歳の安定した収入がある方

3.アイフル

アイフルは、Web申し込みの場合最短25分で融資を受けられるカードローンです。緊急でお金が必要になる場面は多々あるので、融資までのスピードが早いのは魅力的ですね。

 

当日融資に対応するカードローンはいくつかありますが、アイフルほどスピードが早いサービスはほかにありません。前述したプロミスとレイクALSA​​は、最短60分での融資でした。

 

スマホで申し込み〜借り入れの手続きをすれば、アイフルの店舗へ足を運ぶ必要はありません。郵送物が自宅に届くこともないため、お金を借りたことを周囲に知られなくない方にもぴったりです。

 

実質年率3.0%~18.0%
融資スピード最短25分(Web申し込みの場合)
※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
無利息期間はじめての方なら最大30日間
借入限度額

800万円
※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です

申し込み資格20歳〜69歳の定期的な収入がある方

お金を借りる審査に通らなくても避けるべき禁止事項を解説

金銭的に余裕がないと視野が狭くなりがちです。カードローンの審査に苦戦すると、適切な判断ができなくなる方も少なくありません。

 

しかし心に余裕がないときでも、次のような危険な方法に手を出すのは避けるべきです。

  • 闇金からお金を借りる
  • クレジットカードを現金化する

取り返しのつかない事態に発展しないように、なぜこれらの手法が危険なのか理解しておきましょう。

1.闇金からお金を借りる

国や都道府県に届け出を出さないで違法で事業をおこなう闇金業者は、審査なしでお金を貸してくれます。ただし法外な利息を請求されたり、無理な取り立てを受けたりする可能性があるため非常に危険です。

 

よって直近でいくらお金が必要でも、闇金業者に手を出すべきではありません。無条件でお金を貸す違法業者は悪質なものばかりなので、余裕がないときにも利用は避けましょう。

2.クレジットカードを現金化する

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手に入れる方法は、カード会社の規約違反になる行為です。そのため解約や一括返済などを求められたくないなら、手を出すべきではありません。

 

クレジットカードの現金化は法律的にグレーな行為のため、同サービスを提供する業者にも悪質なところが多いです。金銭が絡むトラブルに巻き込まれないように、クレジットカードの現金化も避けるのが無難といえるでしょう。

お金を借りる審査に通らないと悩む方からよくある質問

最後に、お金を借りる際の審査に苦戦している方からよくある質問に回答します。

  • 審査なしでお金を借りる方法はある?
  • 無職でお金を借りるのは無理?

順に確認していきましょう。

1.審査なしでお金を借りる方法はある?

審査なしでお金を借りる方法はありません。賃金業法によってローン会社が利用者に貸せるお金の上限は決まっており、個々人の借入希望額が適切かどうか判断するためには審査が必須だからです。

 

また返済能力を調査した上で貸付をおこなうためにも、賃金業者にとって審査は欠かせません。審査なしを謳う場合は闇金業者の可能性が高いため、魅力的に感じても絶対に避けましょう。

2.無職でお金を借りるのは無理?

無職の方は、基本的にお金を借りられないと考えられます。ローン会社の申し込み資格を見る限り、どのサービスも安定的な継続収入を求めているからです。

 

ただし無職の方でも、アルバイトやパートなどの仕事を始めると審査に通過できる可能性があります。現在職に就いていない方は、まずは可能な範囲で何らかの仕事を始めることを検討してみてください。

まとめ

お金を借りる審査に落ちるときには、何らかの原因があります。一度審査に落ちても適切な対処をした上で申し込めば合格できる可能性があるため、まずは低評価につながった理由を把握することが大切です。

 

本記事で紹介したおすすめのサービスは、以下の3つです。

  • プロミス
  • レイクALSA​​
  • アイフル

審査なしを謳うサービスは魅力的に感じますが、違法業者の可能性が高いため手を出すべきではありません。トラブルを避けるためにも、適切な対処をした上で大手のカードローンを利用しましょう

-お金借りる